即日融資はブラックリストに載った人でも利用できる?

キャッシング利用者の中には、ブラックリストについて気になっている方もいるのではないでしょうか?

しかし、借入を利用していてもブラックリストに載った場合どうなるのか、詳しく知らないという方も多いはずです。


今回は、ブラックリストに載っても即日融資などのキャッシングが利用できるのか説明したいと思います。


ブラックリストとは?

まず、ブラックリストについて紹介します。ブラックリストに載る理由なども併せて確認しましょう。

ブラックリストって?



ブラックリストとは借入利用者のうち、長く返済が滞っていたり自己破産するなどして、金融機関から返済不能と見なされた人の情報が載っている一覧表のようなものです。

しかし、「ブラックリスト」という名称のリストが存在しているわけではありません。実際は、借入利用者の取引情報を管理する信用情報機関に「事故情報」が載ることをブラックリスト入りと言っています

事故情報とは、借入の滞納履歴や延滞履歴のことです。

ブラックリスト入りする時とは?

明確な基準は明らかになっていませんが、借入返済が2か月以上遅れた場合、ブラックリスト入りするとされています。

また、債務整理、自己破産、クレジットカードの強制解約、保証会社による代位弁済などの履歴があるとブラックリスト入りをします。


以上、ブラックリストについて紹介しました。借入を利用すれば、誰でもブラックリスト入りする可能性はあります。では、実際にブラックリストに載った場合のキャッシングについて以下で見ていきます。

<関連記事>
ブラックリストとは?



ブラックリストに載った人は借入できる?

ブラックリスト入りした場合、キャッシングなどを利用することは出来るのでしょうか?また、ブラックリストに載ってしまうとその情報は消えるのか確認しましょう。

新たな借入は出来なくなる

ブラックリストに入ると、事故情報が消えるまで正規の金融機関から借入することは出来ません。借入自体が難しいため、即日融資などのキャッシングを利用することも不可能になります

その他にも、新たに各種ローンが組めなくなったり、クレジットカードが使えなくなる場合もあるなど、さまざまなデメリットがあります。

悪質なヤミ金業者に注意

ネットや雑誌などでは「ブラックでもOK」、「ブラックリスト入りしても借りられる」といったキャッチコピーの広告を見掛けることがありますが、これはヤミ金業者によるものなので絶対に利用しないようにしましょう。

正規の金融業者であれば、ブラックリストに入っている顧客に融資することはありません。

ブラックリストの情報は消える?

信用情報機関の事故情報は一定の期間が経過すれば消えますが、その期間は3つある信用情報機関の運営方針や事故の内容によっても異なってきます

信用機関は、日本信用情報機関(JICC)、全国銀行個人情報センター(KSC)、シー・アイ・シー(CIC)の3つです。


これらの信用情報機関から事故情報が消えるまでに掛かる期間は、以下の通りです。


日本信用情報機関
(JICC)
全国銀行個人情報センター
(KSC)
シー・アイ・シー
(CIC)
延滞 1年 5年 5年
任意整理 5年 5年
5年
代位弁済 5年 5年
5年
自己破産 5年 10年 7年


ブラックリストに載った人が借入をしたい場合、事故情報が消えてから借入の申し込みをすることで審査に通る可能性も出てきます。

また、ブラックリストから確実に事故情報が削除されているか、信用情報開示を利用して個人で調べることも可能です。


以上、ブラックリスト入りした人が融資を受けられるのか解説しました。一度ブラックリストに載ってしまうと、キャッシングやクレジットカードなどの便利なサービスが使えなくなります。

借入を利用する際は、ブラックリスト入りすることがないように返済期限を守るよう心がけましょう。



即日融資はブラックリストに載った人でも利用できる? まとめ

  • ブラックリストは金融機関から返済不能と見なされた利用者が載っている
  • 信用情報機関に事故情報が載ることをブラックリスト入りと言う
  • ブラックリスト入りの理由は、返済の延滞や債務整理などである
  • ブラックリストに載ると即日融資はもちろん、新たな借入が出来ない
  • ブラックリスト入りした人に融資を行うのはヤミ金業者である
  • ブラックリストの情報は、一定の期間が経てば消える

 キャッシング即日に強い消費者金融、おすすめランキング


即日融資で人気のカードローン