他社から借入がある場合、即日融資は受けられる?

突然まとまったお金が必要になった時、すぐに借入ができる「即日キャッシング」は便利です。しかし、他社からの借入がある場合でも、即日で融資を受けることは可能なのでしょうか。

ここからは、他社で借入をしている方が即日キャッシングができるのかどうか、検証していきたいと思います。


即日融資で審査を通過するには?



通常のキャッシング時と同様、即日キャッシングにも審査があります。即日融資は手続きがスピーディーではありますが、審査が甘い訳ではありません。

かと言って特別厳しい訳でもないので、基本的には通常のキャッシングの審査と同じと考えておいて大丈夫です。


ただし、他社からの借入がある場合は、借入総額に気をつける必要があります。

と言うのも、借入総額が規定をオーバーしていると、即日融資はもちろん、普通のキャッシングの審査にも通過できない場合があるからです。以下で詳しく説明していきます。

消費者金融で借入する時に注意するポイント

「総量規制」という法律により、消費者金融からの借入は年収の1/3までに制限されています。

例えば年収が300万円の方は、消費者金融から借入できる金額は100万円までとなります。詳しくは以下の図をご覧ください。




図を見るとわかりますが、すでに他社からの借入総額が100万円に達している場合は、即日キャッシングどころか通常の借入もできません。

逆に言うと他社からの借入総額が数万円程度なら、即日キャッシングの審査にはそれほど影響しないでしょう。もちろん、借主の信用力によっては審査に落ちるケースはあります。

銀行カードローンで借入する時に注意するポイント

総量規制は消費者金融などの貸金業者に適用されます。ですから、他社から多額の借入をしている場合は、総量規制の対象外である銀行カードローンを利用するのも選択肢の一つです。

消費者金融からの借入が総量規制の範囲内であれば、銀行カードローンからはどれだけ借入しても法的には問題ありません。以下の表は、銀行カードローンからの借入について、わかり易くまとめたものです。




図を見ると、銀行カードローンは年収の1/3以上でも借入できることが判りますね。ただ、銀行カードローンは消費者金融よりも審査が厳しいため、即日融資を受けるハードルがやや上がります。

複数の会社からのキャッシングは、基本的には審査でマイナス評価になります。とは言え、信用力のある方なら可能性はあるので、試してみる価値はあるでしょう。

消費者金融と銀行カードローンを併用したい時に注意するポイント

消費者金融と銀行カードローンの借入を組み合わせた場合、借入の上限金額はどうなるのでしょうか? 以下では、年収300万円の方が180万円のキャッシングを検討しているとします。




総量規制により、年収300万円の方が借入できるのは100万円までとなります。パターン1の場合、消費者金融+銀行カードローンで上限金額をオーバーしてるように見えますが、消費者金融からの借入は60万円なので問題ありません。

一方でパターン2ですが、借入金額はパターン1と同じ180万円でも、消費者金融からの借入額が総量規制の制限を超えています。したがって、キャッシングすることが出来ません。


このように、消費者金融と銀行カードローンのキャッシングを併用する時は少しややこしいです。ですから、自分が現在どの会社からどれだけ借入をしているのか、きちんと把握しておくと良いでしょう。


他社に借入がある方が、即日キャッシングをする時に気をつけるべき点は?

すでに他社から借入をしているにも関わらず、さらに即日融資を希望する方は、資金繰りに困っているケースが多いです。

お金がすぐに必要で焦っていると、思わぬミスをおかす事があるので注意しましょう。ここからは、他社からの借入がある方が、即日キャッシングを利用する時に気をつけたいポイントを見ていきます。

虚偽の申告をするのは絶対にやめよう



他社からの借入総額が少ない場合は問題ありませんが、総量規制のギリギリまで借入していると審査で不利になります。

だからと言って、借入状況を申告する時に嘘を伝えるのは絶対にNGです。


金融業者は「信用情報機関」という機関を通して、利用者の個人情報や借入情報などを共有しています。

したがって信用情報機関の情報を照会すれば、借主が他社で借入していることはすぐに判りますので、嘘をついても意味がありません。


虚偽の申告をしていたと発覚した場合、もちろん即日融資の審査には落ちますし、今後のキャッシングにも悪影響を及ぼす可能性があります。

ですから、すでに他社から借入をしている方は、申し込みの際に正直に申告するようにしましょう。

即日キャッシングに頼りすぎないように注意!

「今月の借金を返す当てがないから、即日キャッシングで他社から借入したお金を返済に充てる」といった方は少なくありません。

確かに、この方法を取れば急場をしのぐことはできるでしょう。しかし、こういったことを何度も繰り返していると、借金地獄にハマってしまう危険性があります。


ですから、使い所は慎重に考えなければなりません。例えば、ボーナスなどの臨時収入が入る予定があり、まとめて返済できる見込みがある場合に利用するのがおすすめです。

これは即日キャッシングに限った話ではありませんが、「借入の際は事前に返済計画を立てることが何よりも重要」ということを覚えておきましょう。

闇金業者から借入するのは絶対にやめよう

キャッシングについて調べていると、「審査激甘 即日融資OK」などの広告が目に入ることもあるかと思います。

すでに他社から多額の借入をしていて、即日融資を受けるのが難しい状況だと、このような宣伝が魅力的に思えるでしょう。


しかし「審査が甘め」を謳っている会社は、ほぼ確実に闇金業者なので絶対に利用してはいけません。

闇金業者から借入すると、違法な高金利や過剰な取り立てにより、生活が破綻する恐れがあります。ですから、こうした闇金業者は絶対に利用しないように注意してください。


他社からの借入がある場合、即日融資は受けられる? まとめ

  • 総量規制という法律により、消費者金融からの借入は年収の1/3までに制限されている
  • よって他社からの借入総額が年収の1/3より上だと、消費者金融では即日融資が受けられない
  • 銀行カードローンなら借入総額が年収の1/3以上でも借入できるが、審査に通るのは難しい
  • 審査で不利になるからと言って、他社からの借入を隠して虚偽の申告をするのはやめよう
  • 借金の返済をするために即日融資を繰り返していると、借金地獄にハマってしまう可能性がある


 キャッシング即日に強いカードローンの人気ランキング



即日融資で人気のカードローン