即日融資キャッシングを利用する上での注意点は?

必要な時にすぐお金を借りられる即日キャッシングは非常に便利です。ただ、即日融資は通常のキャッシングと条件などが異なるため、慣れていない方は戸惑うかもしれません。

そんな方のために、即日キャッシングの注意点についてまとめてみました。即日融資の利用を検討している方は、以下の内容を参考にしてみて下さい。


即日融資を受けたい方が注意すべきポイントとは?

冒頭でも書きましたが、即日キャッシングは普通のキャッシングとは様々な面で異なります。

ですから、通常のキャッシング時と同じように対処していると、思わぬ落とし穴にハマってしまうかもしれません。

ここからは即日融資を受けたい方が、気をつけるべきポイントについて紹介します。

1.即日融資と即日審査は別物



即日キャッシングについて調べていると、「即日融資」や「即日審査」などのキャッチコピーを見かけることが多いと思います。

この二つは似たような字面ではありますが、サービス内容は大幅に異なりますので注意が必要です。


即日審査としか記載がない場合、申し込んだ日に行われるのは審査のみで、入金処理などの対応は翌営業日に行われます。

つまり、即日で融資を受けられるとは限りません。ですから、申し込んだ当日に借入をしたい方は、「即日融資」に対応している会社に申し込むようにしましょう。


ただし、「審査甘め! 即日融資OK」などの甘い広告を謳っている業者は、「闇金業者」の確率が高いので注意です。

ですので早く借入をしたくて焦っていても、このような宣伝をしている業者は絶対に利用しないようにして下さい。

2.平日に即日融資を受ける条件は会社ごとに違う

一口に即日キャッシングと言っても、消費者金融と銀行カードローンでは融資の条件が全く違います。さらに、会社によっても条件が変わってきますので、初めの内は混乱するかもしれません。

以下では平日に即日融資を受ける条件を、簡単な表にしました。まずは消費者金融から見ていきましょう。


会社名 ネット(スマホ)完結 完全ネット完結 自動契約機
プロミス ・「WEB完結」を利用する
・14時までに契約を完了する
(三井住友銀行なら遅い時間でも対応)
・20時までにネットから申し込む
・22時までに自動契約機で手続きを完了させる(一部契約機は21時まで)
アコム ・14時までに書類の提出を完了する
・14時までに送金依頼を出す
(一部の銀行なら遅い時間でも対応)
× ・20時までにネットから申し込む
・21時までに自動契約機で手続きを完了させる
モビット ・「WEB完結申込」を利用する
・14時までに申し込みを完了する
・14:50までに送金依頼を出す
・19時までにネットから申し込む
・21時までに自動契約機で手続きを完了させる
アイフル ・13時までに申し込みをする
・申込画面の「当日融資希望有無」で「希望する」を選ぶ
・電話で当日振り込みを頼む
× ・20時までにネットから申し込む
・21時45分までに自動契約機で手続きを完了させる
ライフティ ・午前10時台に申し込みを済ませる
・午後1時までに審査結果をもらう
・サポートセンターで送金手続きを頼む
× 自動契約機なし



ネット完結とは「ネットやスマホで取り引きを完了できるサービス」のことで、スマホだけでキャッシングしたい方には便利なサービスです。

難点は、早めの時間に申し込みをしないと当日融資を受けられないことです。


ただ、表には書いていませんが、特定の銀行を指定口座にした場合、より遅い時間でも即日キャッシングが可能になります。

例えばプロミスなら、三井住友銀行を指定口座にすれば、午後8時までの申し込みでも対応可能になります。


アコムの場合、ゆうちょ銀行などを指定口座にすれば、午後5時の申し込みでも即日キャッシングに対応可能です。(※ただし、電話での送金依頼が必要)


次に、表の「完全ネット完結」の項目について説明します。

普通のネット完結は、取り引き自体はネットやスマホで完結することが出来ますが、後日カードや書類の受け渡しがあるのが一般的です。


ですが完全ネット完結に対応している会社の場合、書類やカードを受け取る必要がありません。

表を見るとわかりますが、大手の消費者金融で完全ネット完結に対応しているのは、プロミスとモビットのみです。人目が気になる方は是非とも利用したいところですね。


次は銀行カードローンで平日に即日融資を受ける条件について見ていきましょう。


銀行名 ネット(スマホ)完結 完全ネット完結 自動契約機
三井住友銀行 原則ネット完結不可 × ・17時までにネットで申し込む
・20時までに自動契約機で契約を完了させる
みずほ銀行 「WEB完結申込」で午前中までに申し込む × 自動契約機なし
新生銀行カードローン レイク 14時までに申し込む × ・20時までにネットで申し込む
・21時までに自動契約機で契約を完了させる
千葉銀行 ・平日の早い時間に申し込みを済ませる
・正午までに審査結果をもらう
× 自動契約機なし
静岡銀行カードローン「セレカ」 ・午前中に申し込む
・電話で契約を急いでほしいと頼む
× 自動契約機なし



銀行カードローンは、消費者金融よりも即日融資の申し込み締め切り時間が早いのが特徴です。

また、消費者金融と違って、完全ネット対応のサービスがないのも銀行カードローンの特徴の一つです。


銀行カードローンでネット(スマホ)完結でキャッシング出来ても、後日書類の受け取りが発生します。

申し込みの締め切り時間については後で詳しく説明しますので、そちらも合わせて参考にして下さい。



以上では平日に即日融資を受ける条件を見てきましたが、いかがでしたでしょうか。上記に加えて、土日・祝日でも即日キャッシングの利用条件は変わってきます。

休日の即日融資については、この後ご説明しますので合わせてご覧ください。

3.土日・祝日は平日の即日キャッシングと条件が違う

土日・祝日はネット完結に対応している会社が少ないので、自動契約機での手続きがメインになります。

平日と同様、休日も会社ごとに貸付条件が異なりますので、表にまとめてわかり易くしてみました。以下は消費者金融で行う即日キャッシングの条件です。


会社名 ネット(スマホ)完結 自動契約機
プロミス ・「WEB完結」で申し込む
・20時までに契約を完了させる
・三井住友銀行の口座を所持
・20時までにネットで申し込む
・22時までに自動契約機で契約を完了させる(一部契約機は21時まで)
アコム ・20時までにネットから申し込む
・楽天銀行の口座を所持
・20時までにネットで申し込む
・21時までに自動契約機で契約を完了させる
モビット ネット完結できない ・「WEB完結申込」を利用する
・19時までに申込を完了させる
・電話で当日融資を依頼する
・21時までに自動契約機で契約を完了させる
アイフル ネット完結できない ・20時までにネットで申し込む
・21:45までに自動契約機で契約を完了させる
ライフティ 休日は即日キャッシング不可 休日は即日キャッシング不可


表を見るとわかる通り、土日・祝日のネット完結に対応しているのはプロミスとアコムの二社のみです。

ただし、プロミスは三井住友銀行、アコムは楽天銀行の口座を持っていないと即日融資は出来ませんので注意しましょう。


次の表は、銀行カードローンで土日・祝日に即日キャッシングする条件をまとめたものです。




このように、銀行で土日・祝日のネット完結に対応しているところはありません。


ただし、三井住友銀行と新生銀行カードローン レイクの場合、自動契約機からなら即日キャッシングをすることが可能です。

どちらの会社も、申し込みの締め切り時間が平日と同じなので使い勝手が良いと思います。


消費者金融と銀行カードローン、どちらを使えばいいの?

上では即日キャッシングの条件について紹介しました。色々な会社があるので、どこを利用しようか迷っている方も多いのではないでしょうか。

消費者金融や銀行カードローンの条件を色々見てきましたが、即日キャッシングをするのに消費者金融と銀行カードローンのどちらを選べばいいか、迷う方もいるかもしれません。


誰が使うか・どう使うかによって、適した会社は違います。詳しくは以下の表をご覧ください。


消費者金融 銀行カードローン
金利 やや高い(~18%) やや低い(~15%)
イメージ あまり良くない 良い
借りられる上限 年収の1/3まで(総量規制の対象) 審査に通ればいくらでも
審査の厳しさ 厳しくない やや厳しい
審査のスピード 早い(最短30分) 普通(1時間~)
ネット完結取り引き 使いやすい やや使いづらい
専業主婦 借りられない 一部銀行はOK



上の表は、消費者金融と銀行カードローンのサービス内容などを比較したものです。特に注目して頂きたいのは「金利」の項目です。


金利は高ければ高いほど、利息を支払う負担が大きくなります。そのため返済が長引きそうな場合は、低金利の銀行カードローンを利用したほうが良いでしょう。

年収の高い方も審査に通りやすいので、金利の低い銀行カードローンのほうがお得です。


逆に、消費者金融は金利が高めなので、借入金額が大きい場合はおすすめできません。ただし、少額を借入する際は、ネット完結などのサービスが使いやすい消費者金融が便利です。

消費者金融と銀行カードローン、どちらを使うのがベストなのかは利用者によって違います。


安心度や金利の安さを重視するなら銀行カードローン、融資までのスピードや使い勝手の良さを重視したいなら消費者金融を使うなど、状況によって使い分けると良いでしょう。



即日キャッシングの申し込みはお早めに!



以上が、即日融資キャッシングを利用する上での注意点です。即日キャッシングを利用する上で、最も重視して頂きたいのは「時間」です。

上で紹介した表を見てみると、ネット完結の締め切り時間は自動契約機よりも早めで、大体14時前後に設定されていることが判ると思います。


しかし実際は、14時以降に申し込むと即日融資を受けられないケースが多いです。と言うのも、審査に時間が掛かった場合は、その後の処理が翌営業日に回されるからです。

ですからネット完結の場合は、可能であればお昼までに申し込みを完了させておくと良いと思います。確実に即日キャッシングをしたい方は、早め早めの行動を意識するようにしましょう。


即日融資キャッシングを利用する上での注意点は? まとめ

  • 即日審査=即日で融資してもらえる訳ではないので注意しよう
  • 「審査が甘い」をキャッチコピーにしている会社は闇金業者の確率が高い
  • 即日融資は、ネット完結取り引きと自動契約機での手続きで利用条件が異なる
  • 平日と土日・祝日では、申し込みの締め切り時間などが大幅に違うので気をつけよう
  • 金利を重視するなら銀行カードローン、スピード重視なら消費者金融など、状況によって使い分けよう
  • 即日キャッシングは時間に余裕がないので、早めの行動を心がけよう


 キャッシング即日に強いカードローン、人気ランキング



即日融資で人気のカードローン