ネット完結で行う即日キャッシングのメリット・デメリット

インターネットの普及により、「ネット完結」できる即日キャッシングに対応している会社が増えました。

ネット完結取り引きなら家から一歩も出ることなく、手軽かつスピーディーに即日融資が受けられます。また、スマホを使えばどこにいながらでも、申し込みからキャッシングまで可能です。


しかし、一見メリットばかりに思えるネット完結の即日キャッシングですが、実はデメリットもあるのです。

ここではネット完結で行う即日キャッシングのメリット・デメリットについて紹介したいと思います。


ネット完結の取り引きとは?

メリット・デメリットについてお話する前に、そもそも「ネット完結」とは何かを説明します。ネット完結とは文字通り、「ネット」上で、全ての取り引きを「完結」できるという意味です。

つまりネット完結の即日キャッシングとは、ネット上で申し込みから振り込みまでの手続きを完了できるサービスです。ネット完結取り引きには大きく分けて二種類あるので、以下で詳しく解説していきます。

ネット上で全ての取り引きを完了できるタイプ



書類やカードなどの受け渡しがなく、完全にネット上だけで手続きを完結できる即日キャッシングです。

消費者金融ではプロミスやモビット、銀行カードローンならみずほ銀行がこのタイプの即日キャッシングに対応しています。


契約書類の受け渡しや利用明細の発行などが一切ないので、家族にキャッシングをしていることを知られたくない方におすすめのタイプです。

また、ローンカードがほしい方は、後から申し出れば受け取ることも可能です。

書類などの受け渡しが必要なタイプ

書類やローンカードの受け渡しがあるタイプの即日キャッシングです。

このタイプもキャッシング自体はネット上で可能ですが、上の「完全にネット完結できるタイプ」とは違い、書類やカードを店舗・自動契約機(もしくは郵送)で受け取る必要があります。


即日キャッシング、ネット完結のメリットとは?

即日キャッシングの最大のメリットと言えば、なんといっても手軽さです。しかし他にもメリットがありますので、以下でいくつか紹介したいと思います。

1.いつでもどこでも申し込める

ネット完結の即日キャッシングは、パソコンやスマートフォンがあれば時間・場所を問わずに申し込みができます。

わざわざ店舗や自動契約機にまで行く必要がないので、移動時間や交通費が節約できてお得です。


今では消費者金融や銀行の多くが、365日24時間ネット申し込みを受け付けています。自分に都合の良い時間帯に申し込むことができるのは、非常に大きなメリットと言えるでしょう。

2.手続きに手間や時間がかからない

通常の即日キャッシングですと、本人確認書類や収入証明書を自動契約機や店舗に提出しに行くか、郵送をしなくてはなりません。

ですがネット完結の場合、「必要書類はスマホなどで撮影してメールで送信すればOK」としている会社が多いです。そのため、手続きにかかる時間を大幅に短縮することができます。


また、万が一審査に落ちた場合でもネット完結取り引きなら安心です。最短30分で審査結果が出るので、もし審査に落ちていてもすぐに次の会社に切り替えることができます。

3.人目を気にせずお金を借りられる

キャッシングの際に消費者金融などの店舗に出入りしているところを、知り合いに見られたら少し気まずいですよね。そのため、実店舗での申し込みに抵抗感がある方は多いと思います。

ですがネット完結取り引きなら、家から一歩も出ることなく借入できるので、知り合いに出くわすリスクはありません。


書類やカードの受け取りに関しては、無人の自動契約機で行えば、誰にも知られずにキャッシングができます。

さらに、必要書類やカードの受け渡しがないタイプのネット完結取り引きなら、自動契約機に行く必要もありません。ですので、人目を気にせず安心して即日キャッシングができます。


即日キャッシング、ネット完結のデメリットとは?

気軽に申し込めるネット完結の即日キャッシングにはメリットが多いです。しかしデメリットが全くないかというと、そういう訳でもありません。

以下ではネット完結で行う即日キャッシングのデメリットについて見ていきます。

1.時間に余裕がない



メリットの項目では「24時間いつでも申し込みが可能」と書きましたが、実はこれには落とし穴があります。

24時間いつでも対応しているのは、あくまで申し込みの「受け付け」であり、審査などの対応は翌営業日に行われるのです。


したがって即日融資を受けたいなら、できる限り早めに申し込みを行う必要があります。

ネット完結の申し込み最終時間は14時前後であることが多いですが、確実に即日融資を受けたいなら午前中にネット申し込みを完了させたほうが良いでしょう。


なぜかと言うと時間ギリギリに申し込んだ場合、審査がスムーズに進まなければ入金処理が翌営業日に回されてしまうからです。

このように、時間に余裕がないのがネット完結で行う即日キャッシングのデメリットです。

2.条件が会社ごとにバラバラで使いにくい

ネット完結の即日キャッシングは、会社によって利用条件が異なります。詳しくは以下の表をご覧ください。




表を見るとアコムや新生銀行カードローン レイクなど一部の会社を除けば、特定の銀行口座を持っていないとネット完結ができないことがわかります。

また、静岡銀行カードローン「セレカ」やアイフルのように「審査を急いでほしい」と電話で伝えないと、即日融資を受けられない金融機関もあります。


このように、利用条件が各会社でバラバラでわかりにくい点が、即日キャッシングのデメリットの一つです。

3.土日・祝日は使いにくい

土日・祝日でもネットから申し込みは可能ですが、即日融資を受けることは難しいです。

特に銀行カードローンの場合、土日・祝日は銀行が休業日であるケースが多いので、消費者金融よりも即日融資を受ける難易度が高くなります。


かと言って消費者金融ならどの会社でも、休日にネット完結の即日キャッシングができるのかと言うと、それは違います。

消費者金融の中でも、一部の会社しか土日・祝日の即日キャッシングには対応していません。


具体的に言うと、アコムとプロミスなら土日・祝日でも即日キャッシングが可能です。ただし、どちらの会社も特定の銀行口座を持っていないと即日融資を受けることができません。

平日のネット完結取り引きならアコムもプロミスも、様々な銀行カードローンに対応しています。しかし、土日・祝日となると一つの銀行しか対応しておらず、平日に比べると使い勝手が悪いです。


ネット完結は早めに申し込みをしよう

以上、ネット完結で行う即日キャッシングのメリット・デメリットでした。急にお金が必要になった時に、すぐに借入できるネット完結の即日キャッシングは非常に便利です。

しかし、ネット完結の即日キャッシングを使うには様々な条件をクリアしなければならず、利用するハードルは高めになっています。

とりわけ厳しいのが申し込みの締め切り時間です。指定の時間を過ぎたらもちろんNGですが、締め切りのギリギリでも即日融資を受けるのは難しいです。


ですから、時間に余裕を持って手続きを行うようにしてください。上では「できれば午前中に申し込むように」と書きましたが、早ければ早いだけ良いので、可能なら朝一番で申し込んでおくと良いと思います。

ネット完結の即日融資は「時間との勝負」だということを常に頭に入れておき、賢く便利にキャッシングを行いましょう。


ネット完結で行う即日キャッシングのメリット・デメリット まとめ

  • ネット上で全ての取り引きを完了できるのが、「ネット完結」の即日キャッシング
  • ネット完結には、書類やカードの受け渡しがあるタイプとないタイプの二種類がある
  • 場所や時間を選ばずに申し込みが可能で、手続きに手間がかからないのがネット完結のメリット
  • ネット完結のデメリットは、各会社で利用条件がバラバラで時間に余裕がないこと
  • 土日・祝日のネット完結は平日と比べると使い勝手が悪い
  • ネット完結の即日キャッシングは、できれば午前中に申し込みを完了させるようにしよう


 キャッシング即日に強いカードローンの人気ランキング




即日融資で人気のカードローン