即日融資キャッシングの流れを教えて!

突然お金が必要になった時に、便利なのが「即日キャッシング」です。しかし、融資を受けるまでの流れが少し複雑で、慣れないうちは手間取ってしまうかもしれません。

そこで、ここでは即日キャッシングの流れについて、わかりやすく説明していきたいと思います。このサイトを参考にして、いざという時の出費に備えましょう!


即日キャッシングを行う手順について



上の図は、即日融資の流れを簡単にまとめたものです。この図を見ると、申し込みから借入までの大まかな流れがわかると思います。

以下ではこの図を参考にしながら、即日キャッシングの手順についてより詳しく解説します。

1.必要書類を準備する



まずは、申し込みの際に提出する必要書類を準備しましょう。キャッシングの際に、絶対に提出する必要があるのは「本人確認書類」です。

本人確認書類とは、住所や年齢などの個人情報を証明するための書類です。以下で代表的なものをいくつか挙げていきます。


・運転免許証
・パスポート
・住民基本台帳カード



これらの本人確認書類のうち一つを事前に準備しておくと、申し込みがスムーズに行えます。

万が一、本人確認書類に記載されている住所と現住所が違っていたら、公共料金の領収書や住民票のコピーなども合わせて用意しておきましょう。


また、消費者金融からの借入金額が一定以上の場合は、総量規制により収入証明書(給与明細、源泉徴収票など)を提出する必要があります。以下が、収入証明書の提出が求められるケースです。


・借入金額が50万円を超える時
・他社も含めた借入総額が100万円を超える時



一方で銀行カードローンは総量規制の対象外ですので、法的には収入証明書を提出する必要はありません。

しかし、実際は銀行が独自に基準を定めていることがほとんどで、借入金額が一定以上だと収入証明書の提出を求められるケースが多いです。基準は各銀行によって異なりますが、大体100万円~300万円程度だと言われています。

<関連記事>
即日融資で収入証明書が不要な会社は?


2.ネット(スマホ)からの申し込み

即日融資の申し込みは自動契約機や郵送などでも可能ですが、手続きが一番スムーズなのはインターネット・スマホからの申し込みです。仮に自動契約機に行くにしても、ネット申し込みなら審査通過後に行くので、「行ったけど審査に落ちた」みたいなムダ足を踏まずに済みます。


ただ、即日キャッシングを希望するなら、ネット(スマホ)で契約を完了させるか、自動契約機で契約を完了させるかで申し込みのための時間が違ってきます。各社・各銀行で条件は違いますが、おおざっぱに言うと、以下のような感じです。


<即日キャッシングのためには・・>
・ネット完結で契約・キャッシング ← ネットで早い時間の申し込みが必要
・自動契約機で契約・キャッシング ← ネットで遅い時間の申し込みでもOK



加えて、ネット完結のキャッシングは特定の銀行口座を指定する必要がある等、少しハードルが高いです。条件に合う人はネット完結のキャッシングでよいかもしれませんが、そうでないなら、ネットで申し込みをして自動契約機で契約・キャッシングの流れがよいかもしれません。


以下の表は、、「ネット完結」・「自動契約機で契約」で、即日キャッシングをするための申し込み時間の締め切りです。


ネット(スマホ)完結 自動契約機で契約
プロミス 午後2時まで( 午後8時までの申し込み
三井住友銀行カードローン 原則対応不可 午後8時までの申し込み
アコム 午後2時まで( 午後8時までの申し込み
モビット 午後2時まで 午後7時までの申し込み
アイフル 午後1時まで 午後8時までの申し込み
新生銀行カードローン レイク 午後2時まで 午後8時までの申し込み
みずほ銀行 午前中まで 対応不可
千葉銀行 午前中まで 対応不可
静岡銀行カードローン「セレカ」 午前中まで 対応不可
ライフティ 午前10時台まで 対応不可

こうして見ると、ネット完結は午後2時前後、自動契約機は午後8時までに申し込みが締め切りの会社が多いですね。ネット完結は締め切り時間が早い点がやや不便ですね。

(※):プロミスやアコムの場合、特定の銀行口座を持っていれば少し遅い時間の申し込みにも対応してもらえます。プロミスは三井住友銀行、アコムなら楽天銀行を指定口座に使えば、午後8時の申し込みでも即日キャッシングが可能です。


また、申し込み後に必要書類(本人確認書類など)の送付を必要な場合があります。この場合は、書類をスマホなどで撮影し、メールなどに添付して送付して下さい。

3.勤務先への在籍確認の電話



申し込みが受理されると、次は勤務先への在籍確認が行われます。

在籍確認とは「申請された勤務先が実在しているのか」や「勤務先で利用者が本当に働いているのか」を確認するための作業です。


まず、勤務先に消費者金融や銀行カードローンの担当者から電話が掛かってきます。大抵は会社名を出さずに個人名で連絡してくるので、人目が気になる方でも安心です。

本人が職場にいる時に電話を取ればもちろん問題ありませんし、仮に外出していた場合でも、その旨を同僚が伝えればそれで在籍確認は終了です。


在籍確認が出来ない場合、その時点で審査がストップしてしまうので気をつけましょう。特に、土日・祝日に即日融資を受けたい方は要注意です。

休日でも誰かしらが職場にいる環境なら問題ないですが、そうでない場合は対策を考えておく必要があります。プロミスはフリーコールで「土日・祝日で在籍確認が難しい」と相談すると、在籍確認を後日にしてくれるケースがあります。


必ずしも要求が通るとは限りませんが、在籍確認は難しいものの、即日キャッシングを利用したい場合は検討してみましょう。

<関連記事>
電話連絡なしで即日融資キャッシングを利用するには?


4.審査結果を確認、(ネット完結)契約・キャッシング

審査結果は電話かメールで連絡が来ます。審査に通過したと分かったら、すぐに契約手続きを行いましょう。

この後の対応は、「ネット完結取引」の場合と「自動契約機で契約」の場合で違います。まず、ネット完結の場合から説明します。


審査通過後に契約内容がメールで送られてきますので、確認の上、指定の手続きを行います。これで契約完了です。次に、自分の指定口座への振り込み手続きです。

ネット完結の振り込み手続きは、会員用サイトにログインして行うか(プロミス・モビットなど)、サポートセンターに電話をして送金依頼をするパターン(アコム・アイフルなど)があります。

上でも書いた通り、ネット完結は対応時間が短めですので、なるべく急いで手続きをしましょう。対応時間は会社によって違いますが、午後2時半までという会社が多いです。


時間内に送金手続きが完了すれば即日キャッシングは完了です。

ですが、もし間に合わなかった場合、自動契約機での借入に切り替える必要があります。この場合は、一度サポートセンターに電話して相談するとよいでしょう。必要な行動を指示してくれます。


以上が、ネット完結取引でのキャッシングの場合です。次に「自動契約機で契約」の場合ですが、以下で説明する通り、自動契約機に行って契約を行い、契約書類やカードを受け取る必要があります。

5.(自動契約機で)契約・キャッシング



ネット完結取引でない場合は、審査通過後に自動契約機で契約を済ませる必要があります。契約が完了すると、ローンカードと契約書類を受け取ります。ローンカードを受け取れば、その場でキャッシングできるので、これで即日キャッシングは完了です。


自動契約機について、注意してもらいたいことが2点あります。


一つは自動契約機の営業時間です。これは会社によって違いますが、午後9~10時までであることが多いです。ですので、審査通過後には、なるべく早めに行くことをおススメします。


二つ目は、必要書類の持参です。会社によっては、契約時に必要書類(本人確認書類や収入証明書)の持参をお願いするところもあります。たとえば、三井住友銀行カードローンやバンクイック(三菱東京UFJ銀行カードローン)は契約時に、必要書類が必要です。

この辺の指示はメールなどで記載されているので、確認してください。心配な方は、念のため持っていくとよいでしょう。

6.(ネット完結取引)契約書類・ローンカードの受け取り

プロミス・モビット以外のネット完結取引では、後日、契約書類・ローンカードが自宅に郵送されてきます(プロミス・モビットは書類・カードの受け取りなし)。アコムやアイフル、新生銀行カードローン レイクなどがそうです。

郵便物に社名は入ってないので家族にばれる心配はないでしょうが、自宅に送付してほしくないという方は、自動契約機での受け取りに変更することもできます。その場合は、サポートセンターに電話をして依頼をしてください。


即日融資に申し込む際に、覚えておきたいポイントは?

以上では即日キャッシングの流れについて見てきましたが、いかがでしたでしょうか。

これまでの内容で、即日融資を受ける手順については概ね理解して頂けたと思います。手順を頭に入れましたら、次は以下で挙げるポイントを意識してみましょう。

申し込みは早めに行おう



即日で融資を受けるためには、できる限り早めにネットで申し込みを済ませることが大切です。締め切り間際に申し込むと、審査や入金処理が翌営業日に持ち越しとなる可能性があります。


可能ならネット完結取引を活用したいところですが、上でも紹介した通り、「ネット申し込みで自動契約機で契約」のパターンなら、より遅い時間まで対応しています(加えて、書類が自宅に送られることもありません)。

どちらの方法を取るにしても、何かトラブルがあった時でも無理なく対応できるように、時間に余裕を持ってネットで申し込みを行うようにしましょう。

会社ごとに利用条件が違うので注意しよう

即日融資の利用条件は会社によって様々です。ネットから申し込めばそれでOKな会社もあれば、申し込み後に一手間かけないと即日融資を受けられない会社もあります。

たとえば、プロミスでネット完結の即日キャッシングを希望するなら、メガバンクの銀行口座を口座振替に使って、「Web完結」で申し込めば対応可能です(平日午後2時までに契約完了させる必要あり)。


一方、アコムやアイフルの場合、契約完了後にサポートセンターに電話を掛けて「本日送金して欲しい」と依頼する必要があります。(アコムは平日午後2時半まで、アイフルは平日午後1時まで)。

また、プロミスやアコムなど大手の消費者金融なら複数の銀行口座に対応していますが、みずほ銀行や千葉銀行などの銀行カードローンは自社の口座がないと使えません。

このように、即日キャッシングを利用するための条件は会社ごとに全く異なります。ですので、利用する会社を決めたら事前によく調べておきましょう。即日融資を受けるのに使い勝手が良い会社は、以下のリンクで紹介しています。


 キャッシング即日に強いカードローンの人気ランキング


即日融資キャッシングの流れを教えて! まとめ

  • 事前に必要書類を準備し、ネットから申し込みを済ませよう
  • 借入金額が一定以上の場合は、収入証明書の提出を求められる
  • 在籍確認は、平日はもちろん、土日・祝日も行われるので注意が必要
  • 審査結果を確認次第すぐに振込手続きを行い、キャッシングをしよう
  • 基本的には後日カードや契約書類の受け渡しがあるので、忘れず受け取るようにしよう
  • 即日融資を受けるためには、事前に利用条件を調べ、申し込みを早めに行うことが大切



即日融資で人気のカードローン