クレジットカードを使ったキャッシングについて

クレジットカードを普段利用していても、クレジットカードでキャッシングが出来ることを知らない方はいるかもしれません。

クレジットカードを持っていると、そのカードを使ってキャッシングが可能です。手持ちのカードを使うため、キャッシングに抵抗がある方も使いやすいでしょう。


今回は、クレジットカードのキャッシングについて紹介します。


クレジットカードの基礎知識

まず、クレジットカードについて以下で説明します。ここではショッピング枠とキャッシング枠について図を用いて解説します。

クレジットカードって何?



クレジットカードとは、カード会社が発行するカードのことを指します。このカードを利用することで現金を支払わずに買い物やキャッシングすることが出来ます。クレジットカードの支払いは、後払いするシステムになっています。

代表的なクレジットカードとしては、アメリカンエキスプレスやVISAカード、JCBカードなどが挙げられます。

クレジットカードの利用方法

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠の2つの機能があります

このショッピング枠を使うことで、現金を使わずに買い物をすることが出来ます。例えば、店で買い物をしていて現金が足りなかった場合でも、クレジットカードがあれば支払を済ませることが出来ます。また、インターネットでの買い物にクレジットカード払いで支払えば、代金を振り込んだりする手間もいりません。


以下の図では、クレジットカードを利用出来る仕組みについて説明しています。利用者と買い物をする店、クレジットカード会社の関係を示しています。



利用者がクレジットカードを利用したあと、店側は後日、クレジットカード会社から支払いを受けます。この支払いの一部がカード利用における手数料となります。これをクレジットカード会社に支払うことでクレジットカード会社は利益を得ます。そして、クレジットカード会社は利用者に料金の請求をします。


このショッピング枠の他に、クレジットカードにはキャッシング枠があります。これを利用することで借入をすることが可能になります。


この2つの機能については、後ほど詳しく述べます。


以上、クレジットカードやカードを使った借入について紹介しました。以下ではさらに、クレジットカードでのキャッシングについて詳しく見ていきたいと思います。

<関連記事>
キャッシングとは?


クレジットカードのキャッシングについて

ここでは、クレジットカードで借入をする場合に知っておきたい点を紹介します。限度額や金利について確認しましょう。

ショッピング枠・キャッシング枠

ここでは、先にも述べたショッピング枠とキャッシング枠の仕組みについて説明します。

以下の図では、買い物とキャッシング可能な額について説明しています。

ここでは、限度額50万円、ショッピング枠50万円、キャッシング枠30万円の枠が設定されているとします。

買い物で40万円を使用した場合、キャッシング出来る額はどれくらいになるのか見てみましょう。





以下では、上の図についてもう少し詳しく説明します。この図では、クレジットカードで40万円の買い物をした後、キャッシングを利用する場合について表しています。

まず、ショッピング枠を使って40万円の買い物をします。その後にキャッシングを行います。キャッシング枠は30万円なので一見30万円を借りられるように見えますが、実際には10万円しか借りられません。


なぜなら借入限度額の残りが10万円になっているからです。すでに40万円の買い物をしているため、限度額の50万円から40万円が使われていることになっています。そのため、残りの限度額は10万円になるので、キャッシング出来る金額は10万円になります。

このように、クレジットカードのキャッシング枠はショッピング枠の中に組み込まれているため、カードで買い物した額により借入出来る額が異なってきます

そのため、キャッシング枠が30万円であっても、必ず30万円の借入が出来るわけではないことを知っておきましょう。

申し込みの条件

クレジットカードの申し込み条件は、18歳以上(原則60~65歳未満)で継続した定収入があることです。銀行カードローンや消費者金融と較べても、年齢以外の点では大きな違いはありません。

ただし、20歳未満の未成年はクレジットカードを申し込む際、親の同意が必要です。

借入限度額について



クレジットカードの借入では、最大でも300万円程度が借入限度額です。申し込み者の属性(年齢、収入、勤務先、借入実績など)によって、実際に借りられる金額は異なります。

クレジットカードのキャッシングでは、100万円を借入限度額にしている会社が多いです。


また、クレジットカードのキャッシングで借入出来る額は年収の3分の1までです。複数の会社から借入する場合は、全ての借入を含めた合計額を年収の3分の1までにする必要があります。


これはクレジットカードのキャッシングが総量規制という法律の対象となるからです。消費者金融の借入も同様です。それに対し、銀行カードローンは総量規制の対象にはなりません。

<関連記事>
来店不要で(=ネットで)即日融資キャッシングできる会社は?


金利について

クレジットカードの金利は基本的に、12%~18%程度です。また、クレジットカードの借入では、総量規制という法律により上限金利が定められています。

上限金利は借入額が10万円未満の場合は20%、10万円以上100万円未満の場合は18%、100万円以上の場合は15%です。つまり、18%以上の金利を求められることはありません。


金利の目安ですが、50万円以下の借入をする場合は金利18%程度になります。100万円の借入であれば、15%前後になるでしょう。200万円の借入だと12%前後の金利になる可能性があります。

返済方法について

クレジットカードで借入した場合、返済方法は一括払いまたはリボルビング払いが一般的です。

一括払いは返済を1回で完了させるのに対し、リボルビング払いは毎月返済を行います。リボルビング払いでは毎月、一定の額を支払うのが特徴です。

クレジットカードの現金化は絶対NG

「クレジットカードの現金化」という看板などを見かけたことがあるかもしれません。しかし、クレジットカードの現金化はカード会社の規約で固く禁止されています

もしクレジットカードを現金化し、そのことが発覚すればクレジットカードは解約されます。加えて、現金化に利用した分の金額とキャッシングした額を一括で支払うことになります。


それだけでなく、現金化が発覚すれば自己破産することも出来なくなります。もし借入の返済が難しくなった場合、自己破産出来ないことは大きなリスクになるでしょう。


今回は、クレジットカードのキャッシングについて見てきました。クレジットカード会社や消費者金融、銀行カードローンなどいくつかの会社がキャッシングを取り扱っているので、自分に合ったサービスを選ぶと良いでしょう。


クレジットカードを使ったキャッシングについて まとめ

  • クレジットカードはショッピング枠とキャッシング枠があり、買い物や借入が出来る
  • 申し込みの条件は18歳以上で定収入があることだが、未成年は親の同意が必要である
  • クレジットカードの借入では、限度額は最大でも300万円程度となっている
  • クレジットカードの借入は、金利が12%~18%程度となっている
  • 主な返済方法は一括払いと、毎月一定額を支払うリボルビング払いである
  • クレジットカードの現金化は規約違反であり、発覚すれば自己破産が出来なくなる


即日融資で人気のカードローン