キャッシングの総量規制って何?

キャッシングの利用経験がある人は、総量規制について知っている方が多いのではないでしょうか?その一方で、一度も借入をしたことがない方は、総量規制について全く知らないかもしれません。

消費者金融などで借入をする場合、総量規制のことをある程度知っておく必要があります

今回は、キャッシング利用者が知っておきたい総量規制の内容について説明します。


総量規制について

総量規制とはどのようなものなのでしょうか?また、総量規制が定められた背景も見ていきます。

総量規制って?



総量規制とは、貸金業者から借入をする際「年収の3分の1までしか借りられない」と定めた規制のことです。この総量規制は、キャッシング利用者の借り過ぎを防ぐことが目的です。

後に述べますが、この借入金額の制限以外にも総量規制にはいくつかルールがあります。

総量規制が出来た背景

総量規制が定められる前、借入の返済が出来ずに苦しんでいた人が大勢いました。借入を苦に自殺する人も少なくなかったため、貸金業者からの多額の借入は深刻な社会問題となっていました。

このような問題を改善するため、平成18年に貸金業法が改正され、総量規制が定められました。


以上、総量規制や定められた背景について紹介しました。では、総量規制は具体的にどのような内容なのでしょうか?


総量規制の内容について

総量規制にはいくつか決まりがあります。以下では、総量規制の詳しい内容について確認しましょう。

1:融資は年収の3分の1まで

貸金業者から借入をする場合、申込者は年収の3分の1までしかお金を借りることが出来ません

例えば年収が300万円の人なら借入は100万円未満、年収が600万円なら200万円未満…というように規制されます。


もし複数の貸金業者から借入をする場合は、「全ての貸金業者からの借入合計額」を年収の3分の1までにする必要があります。

例えば、年収が600万円(総量規制の借入限度額が200万円)で、すでにA社から50万円・B社から50万円借りている場合、新たにC社から借入出来るのは100万円ということになります。


また、年収の3分の1までという決まりのため、専業主婦など収入がゼロの方は貸金業者から借入をすることが出来ません。

ちなみに総量規制でいう「年収」とは給与・年金・恩給などを指し、一時的な収入(宝くじやギャンブルの収入など)は含まれません。

2:収入証明書が必要になる場合

通常、借入の申し込み時に借入希望者は年収を自己申告します。しかし、場合によっては収入証明書類が必要になります。それは、借入申込金額が50万円を超える場合、もしくは数社からの借入金額が合計100万円を超える場合です。

借入申込者の収入を証明する書類としては、給与明細書(あれば賞与明細書)、源泉徴収票、確定申告書などが挙げられます。

3:個人向けの融資が対象

総量規制は、個人向けの融資のみが対象となります。しかし、個人事業主が事業資金を融資してもらう場合は、総量規制の対象にはなりません。


以上、総量規制の内容について説明しました。このようにキャッシングでは、総量規制の決まりに従って借入する必要があります。では、この総量規制が当てはまらないケースはあるのでしょうか?


総量規制が当てはまらないケースとは?

利用する借入によっては、総量規制が適用されません。どのような場合に総量規制が当てはまらないのか見ていきます。

銀行カードローンは対象外



銀行カードローンは総量規制の対象外となる取引です。総量規制は貸金業法という法律で定められているので、消費者金融やクレジットカード会社などの「貸金業者」が対象です。

しかし、銀行法に従う銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協からの借入は対象外になります。

おまとめローンは適用の例外

年収の制限を超える借入であっても、利用者にとってメリットのある借り換えの場合、総量規制の例外扱いとなります。

例えば、おまとめローンは総量規制の例外となります。おまとめローンとは、数社からの借入を一つにまとめることで、返済額を減らすメリットがある借り換えのことです。

より低金利のローンを選ぶなどして、借入額を減らすことが出来ます。

住宅ローンは適用除外

総量規制の適用から除外されるのが「不動産担保ローン」です。これは、いわゆる住宅ローンのことで、高額の資金が必要になる不動産を購入するための融資は総量規制の対象から外されています。

もし年収の3分の1までしか借入できないとなると、住宅を購入できる人が限られてしまうからです。

住宅ローンの借入は、総量規制の例外ではなく適用から「除外」されているため、総量規制の「借入金額は年収の3分の1まで」というルールに従わずに済みます

適用除外の借入は総量規制に関係なくお金を借りることが出来ます。また、借入残高に含まれないので、後に別の借入をすることも可能です。


他に総量規制の適用除外になるのは、自動車購入費・高額医療費・有価証券担保の借入・不動産担保の借入などです。


以上、総量規制について紹介しました。キャッシングを利用する際に総量規制が関わってくることや、返済が困難な状況にならないためにもこの規制が重要であることが分かったと思います。

総量規制を理解したうえで、うまく借入を利用しましょう。


キャッシングの総量規制って何? まとめ

  • 総量規制は、キャッシング利用者が貸金業者からの借り過ぎを防ぐために定められた
  • 貸金業者から借りられるのは、年収の3分の1までと定められている
  • 借入が50万円を超える場合や、数社からの借入合計額が100万円を超える場合は収入証明書が必要である
  • 総量規制は個人向けの融資のみが対象で、個人事業主が事業資金を融資してもらう場合は対象ではない
  • 総量規制は消費者金融などの貸金業者が対象となるため、銀行カードローンは対象にならない
  • おまとめローンや住宅ローンは、総量規制にあてはまらない

 キャッシング即日に強い消費者金融の人気ランキング


即日融資で人気のカードローン