連帯保証人と保証人の違いは?

お金を借りる時に「連帯保証人」や「保証人」を求められることがありますが、連帯保証人と保証人の違いってご存知ですか?

名前に「保証人」と付いてるから一緒なんじゃないの?と思っている方もいるかもしれません。保証人ではありますが、リスクの大きさが違います。


以下では、連帯保証人と保証人のリスクがどの程度違うのか紹介します。

連帯保証人とは

連帯保証人と保証人のどちらも債務者の返済を肩代わりする可能性があるのは同じです。しかし、背負うリスクの大きさが違います。

保証人とは



保証人とは、債務者がどうしても返済ができないとなった時、保証人が代わりに残りの金額を返済します。ですので、債権者はできるだけ債務者に返済させて、それでも返済するのが難しいとなったときに保証人に払ってもらうことになります。

しかし、連帯保証人は債務者と立場が同じになるので、債務者が返済をできていないとすぐに連帯保証人が返済しないといけません。


以下では、保証人にはなく連帯保証人にはある特徴について見ていきます。

連帯保証人の特徴1. 「催告の抗弁権」がない

「催告の抗弁権」とは、まずは債務者に返済を請求するように債権者に求めることができる権利です。

債務者が返済できず代わりに保証人が返済を求められた時、債務者に返済させるように保証人は言うことができます。


しかし、連帯保証人にはその権利がありません。先に債務者に請求するよう要求することができないので、債権者に支払うよう求められたら連帯保証人が払わなけらばなりません。

連帯保証人の特徴2. 「検索の抗弁権」がない

保証人は、債権者から「債務者が借りたお金を返してほしい」と請求された場合、債務者に一部でも返済できる財産があることを証明する必要があります。


これを「検索の抗弁権」と言います。検索の抗弁権をすることで、債権者からの請求を断ることができるという権利です。とはいえ、債務者が返済しきれなかった分は保証人が代わりに返すことになります。

連帯保証人にはその権利がないため、要求することができません。

連帯保証人の特徴3. 「分別の利益」がない

債務者に複数の保証人がいる場合、保証額は保証人の人数分割った額が上限金額になります。債務者が100万円借りていて、保証人が5人いるなら1人20万円の上限金額になるということです。


しかし、連帯保証人にはこの分別の利益ができません。

このように、連帯保証人になってしまうと自分は借りていなくても「お金を借りた人と同じ義務を背負う」ことになります。ですので、連帯保証人になるということはとてもリスクが大きいのです。

<関連記事>
個人再生(民事再生)とは


連帯保証人を頼まれたら



上でも書いた通り、連帯保証人になるのはリスクが高いです。債務者が借りたお金ですが、連帯保証人になったら自分が借金したと思うくらいの気持ちでいてもいいかもしれません。

「普通の保証人になってほしい」と頼まれた場合でも、連帯保証人よりはリスクは低いですが、それでも債務者が返済できなかったら代わりに返済を行わなければいけません。


他人の保証人になったことで、自分の生活が荒れてしまったという方も少なくありません。もし、連帯保証人を頼まれたら自分が背負っても大丈夫な額なのかなど、そのリスクに対応できるのかどうかよく考える必要があります。

以上で、連帯保証人と保証人の違いについて見てきました。


ほとんどの方が、連帯保証人についての知識が少ないでしょう。一度保証人になってしまうと解除することは難しいので、十分理解した上でよく考えて保証人になるようにしましょう。



連帯保証人と保証人の違いは?のまとめ

  • 連帯保証人と保証人は、リスクの大きさが違う
  • 保証人には催告の抗弁権・検索の抗弁権があるが、連帯保証人には権利がない
  • 保証人が複数いた場合、金額を保証人の人数分で割った金額を返済すればいいが、連帯保証人はそれができない
  • 連帯保証人になったら、自分が借金したと思うこと
  • 連帯保証人を頼まれたら、自分が支払える金額なのかなどリスクをきちんと理解した上で考える

 キャッシング即日に強いカードローンの人気ランキング


即日融資で人気のカードローン