スコアリングシステムとは

借入の申し込みを考えた時に、一番気になるのが審査についてではないでしょうか?一般的には知られていませんが、 借入に関する審査では、スコアリングシステムという基準が使われています

このスコアリングシステムを知ることで、自分が審査に通りやすいのか、それとも不利な点が多いのか判断しやすくなります。

今回は、借入などの審査に使われているスコアリングシステムについて紹介します。

スコアリングシステムについて

まず、スコアリングシステムがどういったものなのか解説します。また、借入の審査でスコアリングシステムを使うメリットも見ていきます。

スコアリングシステムって?



キャッシングやクレジットカードの審査では、スコアリングシステム(与信評価)と呼ばれる評価基準が使用されています。
このスコアリングシステムに基づき、消費者金融やクレジットカード会社、銀行などは申込者に融資可能か判断します。

スコアリングシステムでは申込者の属性(職業・借入履歴など)を分類し、それぞれ点数をつけて合計点数を出します。この合計点数が高いほど審査に通りやすくなります。

スコアリングシステムのメリット

スコアリングシステムを使うことで、より早く効率的に審査が出来るようになりました。これにより、新規の利用者が急にお金が必要になった時に即日キャッシングでも出来るメリットもあります。

また、申込者の属性を採点するにあたって、審査を行う人間の先入観や個人的な判断ではなく、一貫性のあるシステムを用いるため偏りがない公平な審査を行うことが出来ます。


以上、スコアリングシステムについて説明しました。では、スコアリングシステムでは申込者のどういった部分に点数をつけているのでしょうか?


スコアリングシステムの採点基準は?

スコアリングシステムで採点する内容について紹介します。また、どのように低い点数や高い点数がつけられるのか見ていきます。なお、点数が高いほど審査は有利になります

申込者本人の属性

(年齢)
23歳から60歳までの方は、年齢が高いほど点数が高くなる傾向にあります。

しかし、過去に借入やクレジットカードを使用した履歴(クレジットヒストリー)がない方は、30歳を過ぎると年を取るにつれ審査が不利になる場合もあります。

また、申込者が60歳を超えている場合は、年齢が上がるごとに点数が低くなる傾向にあります。


(住宅)
居住年数が長いほど点数は高くなり、持ち家の方が社宅や賃貸よりも評価が高くなります。


(家族構成)
家族と同居している独身が最も点数が高く、既婚で子供がいない2人暮らしも点数は高くなります。独身の一人暮らしは点数が低くなります。


(職業)
公務員は点数が高く、医師や弁護士、大手企業の社員も点数が高くなります。雇用形態は正社員だと点数は高くなり、契約社員や派遣社員、アルバイトは低くなります。


(勤続年数)
期間が長いほど高い点数になります。1年未満であれば点数は低く、審査に不利になります。


(収入)
収入は高いほど点数は高くなります。収入に関しては自己申告制です。そのため、実際の収入より高く申請する方が審査に有利と思うかもしれません。

しかし、審査では収入の多さよりも、継続して収入を得ているかどうかが重要視されるため、実際の収入よりも必要以上に高い金額で申請する必要はありません。

ただし、キャッシングの借入金額によっては自己申告ではなく、収入証明書の提出が求められる場合もあります。

<関連記事>
即日融資は主婦でも利用できる?


申込者の借入履歴


(過去の借入履歴)
過去の借入で、返済を滞りなく行っていれば点数は高くなります。しかし、延滞を繰り返していた場合は点数が低く、審査に通らない可能性がかなり高くなります。


(現在の借入履歴)
借入残高が少ない方が点数は高くなります。限度額いっぱいまで借りている場合は点数が低くなります。また、他社の借入無しの方が点数は高く、複数の会社から借入をしている場合は低い点数になります。


(新規枠の問合わせ)
新規の借入枠に関する問合わせを行なっていると、点数が低くなります。


以上、スコアリングシステムについて紹介しました。借入の申し込みを考えている人は、審査にとって不利な点があるかどうか確認出来たと思います。

審査に不安がある方は、現在借入をしていれば返済期限を守り、複数の会社からの借入は避けるなど心がけるようにしましょう。


スコアリングとは まとめ

  • 借入などの審査では、申込者をスコアリングシステムによって審査する
  • スコアリングシステムでは申込者の属性(職業など)に点数をつけて融資可能か判断する
  • 合計点数が高いほど、キャッシングなどの審査に通過しやすくなる
  • 点数が高いのは、安定した職業、勤続年数が長い、収入が高いなどの条件である
  • 過去の借入で繰り返し返済が遅れた経験があれば、点数は低くなる
  • 現在、他の会社ですでに借入している場合は点数が低くなる

 キャッシング即日に強いカードローンの人気ランキング


即日融資で人気のカードローン