異動情報・事故情報とは

キャッシングについて調べていると「ブラックリスト」という言葉をよく見かけると思います。ブラックリストというと名簿などを思い浮かべる方が多いでしょうが、実際はそのようなものは存在しません。

「ブラックリスト」自体は存在しませんが、それに関係する情報・データなら存在します。それが「異動情報・事故情報」です。ここからは異動情報・事故情報について詳しく解説していきたいと思います。


異動情報・事故情報ってなに?



借入や返済の際に何らかのトラブルが発生すると、借主の信用履歴に傷が付き、ネガティブな記録として残ります。このネガティブな登録情報が「異動情報・事故情報」です。

異動・事故情報は「信用情報機関」に登録され、消費者金融や銀行などで広く共有されることになります。


キャッシングの利用時に以下のトラブルを起こすと、異動情報・事故情報として信用情報機関に登録される可能性があるので注意しましょう。


・延滞、遅延(返済予定日を過ぎても入金されない場合)

・債務整理(自己破産、任意整理、特定調停などを行い、借金の返済が不可能になった。また、過払い金請求を行った場合)

・代位弁済(本人が返済できなくなり、保証人や保証会社が代わりに返済を行ったケース)

・強制解約(本人の返済能力に対しての信用がなくなり、契約を強制的に解約された場合)



こうした異動情報・事故情報を「ブラック情報」と通称で呼ぶこともあります。

先ほども書いた通り、ブラックリストは存在しませんが、過去に法的整理を行った方が「ブラックに載っている」とか「ブラックリストに入っている」と表現されることがあります。


個人情報を共有する3つの信用情報機関について

ここからは、上でも度々出てきた「信用情報機関」について説明します。信用情報機関とは、利用者に対して適正な審査・与信判断を行うために、消費者金融や銀行などが加盟している組織です。

信用情報機関に加盟している会社間では、利用者の個人情報や信用情報が共有されています。消費者金融や銀行は融資の審査を行う際に、信用情報機関を通して利用者の情報を確認します。


この確認を行うことで、利用者の返済能力に適した融資を行い、過剰な貸付を防ぐことができます。以下に挙げる三社が日本の代表的な信用情報機関です。


・日本信用情報機関(JICC)→消費者金融系

・全国銀行個人情報センター(KSC)→銀行系

・シー・アイ・シー(CIC)→クレジットカード系







信用情報機関はどんな情報を集めているの?

信用情報機関に集められる情報には、大きく分けて三種類あります。ここからは信用情報機関に登録される情報について、具体的に紹介していきたいと思います。

1.個人情報

まず一つ目は「個人情報」です。利用者の住所・氏名、生年月日や電話番号のほか、勤務先の所在地・連絡先に関する情報もこちらに該当します。

配偶者貸付を行った経験がある場合は、配偶者に関する個人情報も登録されます。

2.借入情報

二つ目は「借入情報」です。利用者が契約した商品の情報(契約先名・利用限度額など)や契約日、支払形態・返済状況などに関する情報がここに含まれます。

消費者金融や銀行が、利用者の返済能力について調査する際に照会する情報です。

3.異動情報・事故情報

三つ目はこの記事のテーマでもある「異動情報・事故情報」で、通称「ブラックリスト」と呼ばれています。

借金の返済を長期にわたって滞納したり、自己破産や民事再生などの債務整理をした場合に、「事故」や「異動」として信用情報機関に登録される情報です。


異動・事故情報の中には「異参サ内容/異参サ発生日」という記入欄があります。

異参サは「異動参考情報サービス」を略したもので、この欄に延滞や、延滞をした年月日などが記載されています。



信用情報機関に異動・事故情報が載る基準とは?



信用情報機関は、異動・事故情報として登録する基準を公にしていません。

自己破産などの債務整理をした場合は、確実に異動として記載されますが、返済の延滞に関しては日数によって変わってきます。


ただし先ほども書いた通り、登録基準が明らかにされていないので、具体的に「○日延滞したら異動・事故情報として登録される」と言い切ることはできません。


一般的には、返済予定日から61日以上経つと、異動・事故情報が記載されると言われています。

ですから1日や2日程度の延滞ならば、ブラックリストに入れられる可能性は低いと言っていいでしょう。また、異動・事故情報は支払い完了日から5年間、信用情報機関によって保存されます。


ここで注意して頂きたいのは5年という期間は、支払い完了日=「支払いが完全に終了した日」からカウントされるということです。

つまり、支払いが済んでいない場合は、5年経過した後も異動・事故情報として記載され続けます。

異動・事故情報が登録されることのデメリットは?

では、異動・事故情報が登録されていると、具体的にどのようなデメリットがあるのでしょうか。

まず挙げられるのは、「消費者金融や銀行からの借入が非常に難しくなる」ということです。


異動や事故の記載がある利用者は、お金を貸す側からは「返済能力に不安がある」と判断されます。

したがって、異動・事故情報の登録期間が終了するまでは、消費者金融や銀行から借入することはほぼ不可能です。


次に、住宅や自動車のローンについてです。ローンを組む際は「審査」が行われますが、異動・事故情報として記載がある場合、審査の段階でまず落とされます。

なぜかと言うと、異動・事故がついている人は「住宅ローンの返済ができない」と判断されるリスクが高いからです。


返済は計画的に行い、異動・事故情報が載らないようにしよう

ここまでのお話で、異動・事故情報が信用情報機関に登録されると、様々なデメリットがあることがわかって頂けたかと思います。

異動・事故情報に登録されないために最も大切なのは「返済期限を守ること」です。


それから、本当に手の打ちようがないケースを除き、安易に自己破産などの債務整理を行うのはやめたほうが良いでしょう。

債務整理は返済の延滞よりも重く受け止められ、場合によっては異動情報が10年間も登録され続けることになります。


その間は融資を受けることが難しいため、緊急でお金が必要になった時(突発的な入院や葬儀など)に大変です。

10年にもなると、何かトラブルが発生しない確率のほうが低いですから、これは決して無視できないリスクですよね。


ただ、普通に利用している分には異常・事故情報として登録されることはまずありません。ですから、借入する前に返済計画を立て、余裕を持って返済ができるようにしましょう。


異動情報・事故情報とは まとめ

  • キャッシング時にトラブルが発生した際、信用情報機関に登録されるネガティブな情報が「異動情報・事故情報」
  • 「信用情報機関」とは、利用者に適正な審査・与信判断を行うために消費者金融や銀行などが加盟している組織
  • 消費者金融や銀行は信用情報機関を通して、異動情報や事故情報などを共有する
  • 異動・事故情報は支払い完了日から5年間、信用情報機関によって保存される
  • 異動・事故情報がついていると、新規で借入することや、ローン契約の審査に通過することが難しい
  • 借入の際はしっかりと返済計画を立て、異常・事故情報が登録されないように気をつけよう

 即日キャッシングに強い会社は?


即日融資で人気のカードローン