ブラックリストとは

借入を利用している方は、ブラックリストという言葉を聞いたことがあるかもしれません。キャッシングやローン、クレジットカードにも関わるブラックリストとは一体どのようなものなのでしょうか?

今回は、ブラックリストについて詳しく説明します。


ブラックリストについて

ブラックリストとは何のことを指すのでしょうか?また、信用情報機関やブラックリスト入りする理由も見ていきましょう。


ブラックリストって?



ブラックリストとは、「貸付や融資をするのに適さない人物」の一覧表です。消費者金融や銀行などで「借入申込があってもお金を貸してはいけない人」を指す言葉として用いられています。

ただし、ブラックリストは単なる呼び名であり、ブラックリストという名簿が存在するわけではありません。

実際は、借入を利用した個人の取引情報を管理している信用情報機関に「事故情報が記載される」ことをブラックリスト入りと言っています

信用情報機関について

信用情報機関は、利用者の信用情報の収集・管理を行っています。消費者金融やクレジットカード会社、銀行はこの信用情報をもとに申込者の借入や返済に関する情報を手に入れます。この信用情報機関は3つあります。


1つめが「日本信用情報機関(JICC)」で、消費者金融関連の他に信販会社やクレジットカード会社の個人情報も保有しています。

2つめが「全国銀行個人情報センター(KSC)」で、主に銀行、信金、信組、農協、労金関連の個人情報を収集管理しています。

3つめが「シー・アイ・シー(CIC)」で、信販会社・クレジットカード会社の他に自動車や機械リース会社関連の個人情報を収集管理しています。


この3機関はお互いに情報を提供し合っているため、1つの機関に登録された情報は他の2つの機関も容易に入手することができます。つまり1つの機関に事故情報が伝われば、全ての機関が知ることになるわけです。

ブラックリストに載るのはどんな時?

キャッシング利用者がブラックリスト入りする理由として滞納・延滞が挙げられますが、どの程度の遅れでリストに記載されるかといった明確な基準は発表されていません

しかし、推測として2カ月以上もしくは3カ月以上の遅れが目安と言われています。60日を超えた滞納や延滞があればリスト入りの恐れがあると考えた方が良いでしょう。


また、滞納・延滞以外でも債務整理(民事再生、自己破産、任意整理など)の手続きをしたり、代位弁済(連帯保証人など第三者による弁済)が行なわれるとブラックリスト入りします。

以上、ブラックリストについて解説しました。ブラックリストに載らないようにするのが一番良いですが、実際にブラックリスト入りするとどうなってしまうのでしょうか?


ブラックリスト入りした場合のデメリットは?

ブラックリストに載ってしまうと、以下のようにいくつか不利な点が出てきます。

新たな借入が不可能になる



消費者金融、銀行カードローン、クレジットカード会社に新しく借入を申し込んでも審査の段階で落とされ、実質的にお金が借りられない状態になります。

クレジットカードが使えなくなる

新規にクレジットカードの申込をしても審査に落ちて作成ができなくなります。さらに現在使用中のカードの返却を求められるケースもあります。

各種のローンが組めなくなる

住宅ローン、ショッピングローン、自動車ローンなどのローンが組めなくなります。商品購入が必要な場合は現金払いをすることになるでしょう。


以上、ブラックリスト入りした場合について説明しました。では、一旦ブラックリストに載ると情報は消えないのでしょうか?

<関連記事>
即日融資はブラックリストに載った人でも利用できる?


ブラックリストの情報はいつ消える?

ブラックリストに載っても、一生情報が消えないわけではありません。ブラックリストから情報がどのように消えるのか、そしてブラックリスト入りしているか確認する方法も解説します。

情報が消えるまでの期間

ブラックリストの情報は一定期間を経過すると自動的に消去されます。いつ消えるかは各信用情報機関によって異なったり、リスト入りした原因によっても違ってきます。

その期間の目安は以下のとおりです。



この期間はあくまで目安であり、2つ以上の信用情報機関に重複して加盟している会社や業者もあるので注意しましょう。

なお、ブラックリスト情報が消去されるのは滞納や延滞などの問題が解消している場合です。返済が滞ったままでは、リストから情報は消えません。

ブラックリスト入りしてるか確認できる?

自分がブラックリストに入っていないか知りたい方は、信用情報開示を利用して確認すると良いでしょう。申し込みは、インターネット・郵送・電話・各窓口で手続きをすることが出来ます。

全国銀行個人信用情報センターは郵送での申し込みなので注意しましょう。また、それぞれ必要書類を用意したり、1000円程度の手数料が掛かる場合があるので事前に調べておきましょう。


今回は、ブラックリストについて紹介しました。ブラックリストに載らないように、普段から無理のない返済を行うことが大切と言えるでしょう。


ブラックリストとは まとめ

  • ブラックリストとは、貸付に適さない人物のリストに対する呼び名であり、実際には存在しない
  • 借入の返済を延滞すると、信用情報機関に事故情報として載る(=ブラックリスト入り)
  • ブラックリスト入りの理由は滞納・延滞(1ヵ月以上の可能性が高い)や、債務整理などである
  • ブラックリスト入りをすると、新たに借入やクレジットカードの利用が出来なくなる
  • ブラックリスト入りした情報は、一定期間を過ぎると自動的に消去される
  • 信用情報開示を行うことで、自分がブラックリスト入りしているか確認することが出来る

 キャッシング即日に強い消費者金融の人気ランキング


即日融資で人気のカードローン