ノンバンクとは

キャッシングの利用を考えた時、消費者金融や銀行カードローンなど、どこで借入するか迷う方は多いはずです。そういった場合は、まず自分がノンバンクか銀行のどちらが合っているのか考えてみると良いでしょう。

ノンバンクや銀行ではそれぞれ異なる点があるので、事前に違いを把握しておくと借入の際に迷わずに済みます

今回は、ノンバンクと銀行の違いや、メリット・デメリットについて見ていきたいと思います。


ノンバンクと銀行の違い

ノンバンクとは何を指しているのでしょうか?また、銀行とどのような違いがあるのか確認します。

ノンバンクって?



ノンバンク(non-bank)とは、銀行ではない金融機関のことで、お金の貸付のみを行なう「消費者金融などの貸金業者」を指しています

一般にはノンバンク=消費者金融というイメージがありますが、クレジットカード会社や信販会社などもノンバンクに含まれます。


以下では、具体的にノンバンクと銀行にはどのような違いがあるのか見ていきます。

違い1:取り扱っている業務

銀行の特徴は、融資(お金の貸付)業務だけでなく預金業務や為替業務も行なっている点です。

預金業務とは個人や企業からお金を預かって利子を支払うという仕事、為替業務とは手形や小切手によって代金支払等の決済を行なうという仕事を指します。


この融資・預金・為替業務が銀行の仕事の柱となっていますが、ノンバンクは融資(貸付)業務を行なうのみで、預金や為替は扱っていません。

違い2:適用される法律

銀行と消費者金融では、それぞれ別の法律に基づいて融資を行っています。銀行は「銀行法」、ノンバンクは「貸金業法」に従って運営されています

「銀行法」では銀行(代理)業を営むには内閣総理大臣の許可を受ける必要があると定めていますが、「貸金業法」ではそのような決まりはなく国(内閣総理大臣)もしくは都道府県知事への登録を行なうと定められています。

ほかにも各々の法律に定めるところによって業務範囲や内容などに関する違いがあります。


以上、ノンバンクについて説明しました。以下では、いくつかあるノンバンクの種類について見ていきます。

<関連記事>
即日融資で無審査(審査なし・審査不要)の会社ってある?


ノンバンクの種類について

ノンバンクに含まれるのは消費者金融だけではありません。どのような業者がノンバンクとなるのでしょうか?また、それぞれどのような特徴があるのか説明します。

個人向けノンバンク

・消費者金融会社
個人向けに無担保・無保証で少額の貸付を行なう貸金業者です。継続的な定収入があればパートやアルバイト、フリーター、学生などでも利用できます。自動契約機やATMによるキャッシングは手軽で便利です。


・クレジットカード会社
クレジットカードを発行し、会員が購入した商品の代金を立替払いするスタイルで融資を行なう業者です。カードを利用したキャッシングサービスという直接的な貸付を行なう会社も増えてきました。


・信販(信用販売)会社
消費者が商品を購入する際に代金を立替払いするスタイルで融資を行なう業者です。クレジットカード会社も信販会社の一種で包括信用購入斡旋業者といい、カード発行を行なわない業者を個別信用購入斡旋業者と言います。


事業者向けノンバンク

・事業金融会社…主に個人事業主や中小企業の経営者を対象とした貸金業者です。

・不動産金融会社…土地建物などを抵当とした融資を行なう業者です。

・リース会社…機械設備を長期的に賃貸する業者です。代金の支払いが終わると商品が利用者のものになります。

・ベンチャーキャピタル…ベンチャー企業向けの融資を行なう業者です。


以上、ノンバンクの種類について見てきました。ノンバンクについて分かったところで、次はノンバンクのメリットやデメリットを説明します。


ノンバンクのメリットとデメリット



ノンバンクには銀行とは異なるメリットやデメリットがあります。ノンバンクの利用は自分に合っているのか判断してみましょう。

メリット

ノンバンクの審査時間は銀行よりも短く、スピーディーな借入が出来るメリットがあります。早ければ、30~40分程度で審査を終えることも可能です。

当日中に借入が出来る即日キャッシングをしたい場合は、ノンバンクの利用が適しているでしょう。

昨今では銀行でも審査時間を短めに設定したカードローン商品を扱うようになってきましたが、即日キャッシングは難しい場合もあります。


また、審査は銀行に比べて緩めなので、審査に通るか不安な方はノンバンクで申し込みをすると良いでしょう。

デメリット

消費者金融は貸金業法の総量規制により、借入総額は「年収の3分の1まで」に制限されるというデメリットがあります。それに対し、銀行は総量規制の対象外なので、年収の額を気にすることなく借入が出来ます。

銀行カードローンの融資限度額は最大800~1000万円など高めに設定されていますが、消費者金融は最大500万円程度と低めに設定されているというデメリットもあります。


また、ノンバンクは銀行よりも金利が高めに設定されています。ノンバンクの金利は5~18%程度で、銀行の3~15%程度に較べて高い金利になっています。


今回は、ノンバンクについて紹介しました。ノンバンクと銀行の違いを理解していれば、自分に合った方を選ぶことができ、うまく借入を利用することが出来るでしょう。


ノンバンクとは まとめ

  • ノンバンクとは、銀行ではない消費者金融などの貸金業者を指す
  • 銀行は預金業務や為替業務も行うが、ノンバンクは融資のみである
  • 銀行は銀行法、ノンバンクは貸金業法に従って融資を行っている
  • 個人向けノンバンクは、消費者金融やクレジットカード会社、信販会社などである
  • メリットは、審査時間が早く最短30分程度で、銀行よりも審査が厳しくない点である
  • デメリットは、金利が低く総量規制により年収の3分の1までしか借りられないこと

 キャッシング即日に強いカードローンの人気ランキング


即日融資で人気のカードローン