無担保ローンとは

ローンと言えば、不動産などの担保がないと契約できないと思われている方が多いでしょう。しかし、「無担保ローン」を利用すれば、担保なしでもローンを組むことが可能だということをご存知でしょうか。

ここでは、無担保ローンについて詳しくお話していきたいと思います。


無担保ローンってなに?

債務者が返済不能となった時に、返済の代わりに債権者に提供される資産を「担保」といいます。

担保には人的担保(債務者の代わりに保証人が弁済すること)と、物的担保(不動産、有価証券など)の二種類があります。


これらの担保がなくても契約できるローンが「無担保ローン」です。個人向け無担保ローンの代表としては、消費者金融のキャッシングや、銀行カードローンのフリーローンなどが挙げられます。


無担保ローンのメリット・デメリットについて

上の「担保なしでローンが組める」という説明だけ読むと、無担保ローンにはメリットしかないように思えるかもしれませんが、デメリットも存在します。

以下では無担保ローンのメリット・デメリットについて見ていきます。

無担保ローンのメリットとは?



先ほども書いた通り、無担保ローン最大のメリットは人的担保や物的担保がなくても借入ができることです。

有担保ローンは、担保となる不動産や保証人になってくれる人がいない場合は契約することができません。しかし、無担保ローンなら担保が用意できなくてもローンを組むことができます。


それから、スピーディーに借入ができることも無担保ローンのメリットです。有担保ローンの場合は担保を確認する作業があるため、融資までにどうしても時間がかかってしまいます。

しかし、無担保ローンなら担保の確認作業がないので、手続きにかかる時間が大幅に短縮されます。そのため、一部の消費者金融や銀行カードローンなら、即日で融資を受けることも可能です。

無担保ローンのデメリットとは?

無担保ローンのデメリットは、有担保ローンよりも金利が高く、借入の上限金額が低いことです。まずは金利が高い理由について説明します。

有担保ローンの金利が低めなのは、債務不履行となっても担保で貸付を回収することが可能だからです。


一方で無担保ローンは、返済が不可能になっても代わりに回収できるものがありません。ですから、リスクに見合ったリターンを得るために金利が高めに設定されています。

次に借入の上限金額が低い理由ですが、これも金利と同様に、債務不履行となった時のリスクを軽減するためです。


多額の融資をしたのに貸し倒れになってしまったら、消費者金融や銀行は大損ですよね。ですから、もしもの時に備えて上限金額を低くしているのです。


無担保ローンの種類について

無担保ローンには様々な種類があり、融資金の使い道は自由なケースが多いですが、一部のローンでは使途が限定されていることもあります。

以下でいくつか紹介しますので、ご自分の目的に合ったローンはどれか確認してみて下さい。

フリーローン(無担保型)



融資金の使用目的を問わない無担保ローンを「フリーローン」といいます。

フリーローンという名称は銀行カードローンで使用されることが多く、消費者金融の場合は「フリーキャッシング」という名称を使うケースが多いです。


また、「カードローン」もこのフリーローンに含まれることが多いです。

自動車ローン

融資金の使途が、自動車に関わる買い物に制限されている無担保ローンです。

自動車やカー用品を購入する時や、車検や修理の費用を支払う時などに利用することができます。

教育ローン

融資金の使い道が、学費や受験費用、部活動の費用など、教育関連に限定される無担保ローンです。

小中高大の他に、英会話教室やカルチャー教室などの費用を支払う時に利用できる教育ローンもあります。

その他目的のローン

上記以外の目的で使われるローンです。代表的なものとしては、結婚式の費用を借入するための「ブライダルローン」や、住宅の増改築をする時に組む「リフォームローン」などがあります。


無担保ローンのご利用は計画的に

以上では、無担保ローンについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

無担保ローンは担保なしでスピーディーに借入できて非常に便利です。しかし「返済ができなくなった時のリスクが高い」ということを覚えておきましょう。


無担保ローンは返済が不可能になった時に代わりに提供する担保がありません。そのため、最悪の場合は全財産を没収され、生活が破綻してしまうケースもあります。

ですから、手軽だからと言ってお金を借りすぎないように注意してください。無担保ローンを組む前にまずは返済計画を立て、無理なく返済できる程度の金額を借入するようにしましょう。



無担保ローンとは? まとめ

  • 「無担保ローン」とは、担保がなくても借入できるローン
  • 担保なしでも借入が可能で、融資までのスピードが早いのが無担保ローンのメリット
  • 金利が高く、借入の上限金額が低いのが無担保ローンのデメリット
  • 融資金の使用目的が自由な無担保ローンが多いが、一部のローンは使途が限定されている
  • 無担保ローンは返済ができなくなった時のリスクが高いため、借入のしすぎには注意しよう


 キャッシング即日に強いカードローンの人気ランキング



即日融資で人気のカードローン