印鑑証明書とは

印鑑証明書とは、重要な契約をする際に必要となるものです。この印鑑証明書があることで、取引をする者どうしの信用を示すことにもなります。

今回は印鑑証明書について、また、印鑑証明書を取得する手順を紹介します。


印鑑証明書とはどのようなもの?

印鑑証明書とはどのようなもので、どういった役割を持っているのでしょうか?また、印鑑証明書が必要となる場合についても見ていきます。

印鑑登録・印鑑証明書について

印鑑登録とは、個人や法人が印鑑(印章)を国や地方公共団体などに届け出て登録することを指します。これにより、届け出た印鑑が本物であることを証明できます。その印鑑登録をした証明になるのが印鑑証明書です。

印鑑証明書は、1人に対し1個の印鑑のみ交付を受けることができます。

印鑑証明書はどんな時に必要?



自動車の売買・住宅ローンの申込・企業間の取引・公正証書の作成など、重要な契約を結ぶ際に印鑑証明書を求められます。


以上、印鑑証明書について説明しました。次に、印鑑証明書を取得するにはどうすれば良いのか見ていきたいと思います。

印鑑証明書を取得する手順は?

印鑑証明書を取得するためには、印鑑登録の手続きを行う必要があります。登録できな印鑑もあるので以下で確認しましょう。そして、印鑑登録の方法や印鑑証明書を受け取るまでの手順について紹介します。

1:印鑑を用意する

まず、登録する印鑑を準備します。
登録が可能な印鑑にはいくつかの条件があり、次のような印鑑は登録できません。

・印鑑の文字が判読できない
・他人が既に登録している
・印鑑の一部が欠けている
・その他、市区町村長が適切でないと判断したもの

2:印鑑登録を行う

印鑑登録をするためには、印鑑だけではなく本人確認書類を準備する必要があります。どの本人確認書類を用意するかによって、登録の流れや日数が変わります。


・運転免許証・パスポート・・・顔写真付身分証明書であれば、スムーズに印鑑登録をすることが出来ます。また、当日中に印鑑登録証明書の発行を受け取ることが可能です。

・健康保険証など・・・自宅に印鑑登録の照会書が郵送されます。回答書があるので必要事項を記入し、これを持参することにより登録が完了します。


本人ではなく代理人が申請する場合も、登録に数日かかります。委任状と印鑑(実印)、代理人の身分証明書類が必要になります。申請した後、本人に照会書が届くので、その回答書を本人か代理人が提出することで登録されます。


上記のように、登録したい印鑑と本人確認書類を持参して、住民票のある地域の町村役所へ印鑑登録の申請を行ないます。申請するための書類に必要事項を記入し、窓口で申請します。

申請内容が認められれば印鑑登録は完了です。混雑していなければ、登録が完了するまでに掛かる時間はおよそ10分程度です。

3:印鑑証明書を取得



印鑑証明書の取り方は各市町村によって多少の違いがあります。次に一般的な証明書の取得方法について説明します。


(1) 印鑑登録証を持参して市町村役所で証明書交付の申請をします。印鑑登録証とは印鑑登録をした際に発行されるカードもしくは手帳(※1)です。本人が印鑑証明書の交付申請をする場合、実印(印鑑)は不要です。


(2) 申請書類に必要事項(氏名・住所・性別・生年月日など)を記入して役所窓口(※2)で申請を行ないます。申請内容が認められれば印鑑証明書が交付されます。


(3) 印鑑証明書が交付されたら、手数料300円を支払い取得は完了です。


(※1)印鑑登録証のスタイルは各市町村によって多少の違いがあります。主なスタイルとしてはカード(磁気カードや紙カードなど)、手帳(小型で二つ折りなど)が挙げられます。

(※2)印鑑証明書の交付申請は役所の担当課の窓口だけでなく、区民(市民)センターや出張所、行政サービスコーナーなどで受付けている市町村もあります。


印鑑証明書の発行申請から発行が完了するまで、早ければ5分程度で行うことが出来ます。


印鑑登録や印鑑証明書の交付の方法は各市町村によって異なるので、登録や交付を受ける際は事前に住民票にある地域の役所に問合わせするようにしましょう。


今回は、印鑑証明書について見てきました。印鑑証明書の役割や、取得するための手順を事前に知っておくことで、必要となった際に準備しやすくなるでしょう。

印鑑証明書とは? まとめ

  • 印鑑証明書とは、届け出をして登録された印鑑が本物であることを証明する
  • 自動車の売買や住宅ローンの申込など、重要な契約を結ぶ際に必要となる
  • 印鑑証明書を発行するため、まず印鑑と本人確認書類を持参し印鑑登録を行う
  • 登録後の手続きには、登録時に発行されたカードや手帳を持参する必要がある
  • 必要情報を記入して窓口へ持っていき、印鑑証明書を発行してもらう

 キャッシング即日に強いカードローンの人気ランキング


即日融資で人気のカードローン