元銀行員がキャッシング即日融資について教えます!



今日中にお金を借りたい!
急いでお金を用意しないと!



急にお金がピンチになった人は少なくないはずです。

そんな時に便利なのが「即日融資」(即日キャッシング)ですが、ちょっとしたことを知らないと、当日中にお金を借りられない!なんてことになりかねません。

ここでは、場面ごとで知っておきたいことや、即日融資に強いキャッシングサービスを紹介します。



来店不要(=スマホ完結)で即日キャッシングをするなら

お金はすぐに借りたいけど、店舗や自動契約機までは行きたくない、という方もいると思います。

そんな方は、スマホ完結型の取引に対応した会社を選ぶとよいでしょう。ネットやスマホを使えば、申し込みからキャッシングまでできます。


下の表は、スマホ完結で即日キャッシングできるサービスのうち、上位に来る会社の一覧リストです。

スマホ完結の条件 締め切り時間 完全スマホ完結
プロミス ・特定の銀行を振替口座にすること
・「WEB完結」を利用する
平日14時までの契約完了
モビット ・特定の銀行を振替口座にすること
・「WEB完結申込」を利用する
平日14時までの申し込み
アコム ・特定の銀行口座を利用すること
・電話で送金依頼をすること
平日17時までの申し込み ×
アイフル ・電話で送金依頼をすること
・送金依頼は平日14時10分までに
平日13時までの申し込み ×

まず、注意してもらいたいのが、各社によって「締め切り時間」が違うことです。

たとえばプロミスですと、ネット完結で即日キャッシングするには、平日14時までに契約を完了させる必要があります。


どの会社でも申し込み自体は24時間受け付けているのですが、銀行振り込みは平日15時以降は対応していません。ですので、審査・契約・キャッシング(振込み)までを当日で済ませようと思うなら、より早い時間帯に申し込む必要があります。

「スマホ完結の条件」欄には、各社の条件を記載しています。

即日振込のためには、特定の銀行を振替口座に指定する必要があります。各社によって対応する銀行は違いますが、一番多くの銀行に対応しているのがプロミスです。

アコム・アイフルは郵便物の受け取りが必要

表の3列目の「完全スマホ完結」とは、キャッシング後のカードや契約書類の受け取りが必要かを示しています。

プロミス、モビットは、カードや契約書類の受け取りがありません(あとで依頼すれば、貰うこともできます)。書類の受け取りが面倒な方には、より便利なサービスと言えます。

スマホ完結のキャッシングは便利ですけど、即日で借りるための条件は少し厳しいです。

<関連記事>
ネット完結で行う即日キャッシングのメリット・デメリット


(平日)遅い時間の申し込みで即日融資を受けたいなら



即日キャッシングをしたいけど、平日申し込み時間が遅くなる場合はどうすればよいでしょうか?

以下では、即日キャッシングを受けるための各社の申し込みの締め切り時間を表にしています。

申し込み・契約の条件 締め切り時間
プロミス ・ネット申し込み後、自動契約機で契約完了
・カードの受け取りは22時までに(一部21時まで)
20時申し込み
モビット ・ネット申し込み後、自動契約機で契約完了
・カードの受け取りは21時までに
19時申し込み
バンクイック ・ネット申し込み後、テレビ窓口で契約完了
・契約には運転免許証が必要
・遅くとも17時までにテレビ窓口に行くこと
なるべく早く
アコム ・ネット申し込み後、自動契約機に行く
・遅くとも21時までに契約機に行くこと
20時申し込み


平日の遅い時間の申し込みで即日融資を受けたいと思うなら、自動契約機に行く必要が出てきます

最初にスマホ(ネット)で申し込みをして、必要書類を提出し、借り入れ審査を受けます。審査に通過後、自動契約機まで行って契約し、ローンカードと契約書類を受け取ります。ローンカードがあれば、その場でキャッシングが可能です。


表にもある通り、「スマホ完結」に較べて遅い時間の申し込みでも、即日キャッシングが可能です。

注意点としては、自動契約機の時間が(会社によって違いますが)21~22時までしか営業してないので、それまでに自動契約機に行く必要があることです。間に合わなければ、(たとえ審査に通過していても)契約・キャッシングは翌日になります。

自動契約機まで行けるなら、平日遅い時間の申し込みでも、即日キャッシングにも対応しています。

<関連記事>
即日融資キャッシングの流れを教えて!


土日祝日に当日融資を受けたいなら

土日祝日に急なお金を借りたい!という場合、より遅くまで対応してくれる会社はどこでしょうか?

以下が、土日祝日の即日キャッシングに強い会社の、条件一覧です。

申し込み・契約の条件 締め切り時間
プロミス ・ネット申し込み後、自動契約機で契約完了
・カードの受け取りは22時までに(一部21時まで)
20時申し込み
モビット ・ネット申し込み後、自動契約機で契約完了
・カードの受け取りは21時までに
19時申し込み
バンクイック ・ネット申し込み後、テレビ窓口で契約完了
・契約には運転免許証が必要
・遅くとも16時までにテレビ窓口に行くこと
なるべく早く
アコム ・ネット申し込み後、自動契約機に行く
・遅くとも21時までに契約機に行くこと
20時申し込み


お気づきの方もいるかもしれませんが、こちらは先ほどの「遅い時間の申し込み」と大きな違いはありません。

実は、土日祝日でも自動契約機まで行くなら、ある程度遅い時間の申し込みでも即日キャッシングに対応できる会社が多いのです。

勤務先が在籍確認の対応できるか確認すること

土日祝日の即日キャッシングで注意すべき点は、在籍確認に対応できるかです。勤務先が飲食店なら土日祝日でも問題ないでしょうが、一般の事務会社ですと休日は会社が開いていないことは珍しくありません。

勤務先に電話が来ても誰も電話に出る人がいなければ、その日のうちに審査に通過することはありません。

土日祝日に当日融資を受けたい方は、ご自分の勤務先が休日でも在籍確認に対応できるか事前に確認しておくとよいでしょう。

勤務先が土日・祝日でも在籍確認の電話に対応できるか、事前に確認しておきましょう。

<関連記事>
土日祝日の即日キャッシングにおすすめの会社は?


消費者金融 vs 銀行カードローン、どっちがいい?



ここまで、即日キャッシングに強い会社と、その条件について簡単に見てきました。要するに、消費者金融か銀行カードローンへの申し込みが必要です(クレジットカードは申し込みから最低1週間はかかるので、即日融資に向いていません)。


ここで、ちょっと視点を変えてみましょう。当日融資を受けるのに、消費者金融と銀行カードローンはどっちが有利なんでしょうか? 以下で簡単に比較した表を紹介します。

消費者金融 銀行カードローン
金利 やや高い(~18%) やや低い(~15%)
イメージ あまり良くない 良い
借りられる上限 年収の1/3まで(総量規制の対象) 審査次第
審査の厳しさ 厳しくない やや厳しい
審査のスピード 早い(最短30分) 普通(1時間~)
ネット完結取り引き 使いやすい やや使いづらい
専業主婦 借りられない 一部銀行はOK


まず、金利やイメージを考えるなら、銀行カードローンに軍配が上がります。誰だって金利は安い方がいいですよね。

審査に通過すれば、高額キャッシングも可能です。ただ、銀行カードローンにもデメリットはあります。


一つは審査に時間がかかるので、より早い時間に申し込みをしないと即日キャッシングができないことです。スマホ完結の取引も使いづらく、自動契約機まで契約に行く必要があります。

また、審査が多少厳しいので、安定収入があっても年収の低い人は審査に通りづらいでしょう。

したがって、消費者金融か銀行カードローンのどちらに申し込むかで迷っているなら、以下のように考えるといいでしょう。


・すぐにお金を借りたい方 もしくは 年収がそれほど高くない方
→ 消費者金融

・年収が比較的高い方 かつ 午前中のうちに申し込みができる方
→ 銀行カードローン



こんな風に考えるとよいかもしれません。

とにかく急いでお金を借りたいなら消費者金融、金利を安くしたいなら銀行カードローンを選ぶとよいでしょう。


<関連記事>
銀行で今日中に即日融資で借りるのに大事なポイントは?


以上、即日キャッシングに強い会社を選ぶポイントを紹介してきました。

これらと会社のブランドイメージも踏まえ、おススメの会社を以下でランキング形式で紹介します。よかったら参考にしてください。


即日融資のキャッシング、人気ランキング

プロミス
プロミス
知名度抜群の大手、プロミスの「WEB完結」ならネット完結での即日融資も対応可能です。大手銀行を振替口座にすること、平日午後2時までには契約を完了させることが条件です。

ネット(スマホ)で申し込み後に自動契約機まで行ける方は、午後8時の申し込みでも即日キャッシングに対応しています。
金利 借り入れ限度額 アピールポイント
4.5%~17.8% 500万円 30日間の無利息サービス※
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※対象金融機関は200行以上あります。
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
モビット
三井住友銀行グループのモビットです。「WEB完結申込」を使えば、お勤め先確認の際に電話確認なしで、来店不要でスマホ取引だけでキャッシングも可能です。ネット完結の即日融資のためには、平日14時までの申し込みが必要です。

21時までに審査に通過していれば、「スマホATM取引」を使うことで即日融資も可能です。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
金利 借り入れ限度額 アピールポイント
3.0%~18.0% 800万円 勤務先への電話連絡なし可
アコム
CMでおなじみの、三菱UFJフィナンシャル・グループのキャッシング会社です。申し込みから最短1時間での借入が可能で、お店に行かなくてもネット上での即日キャッシングも可能です。

当日借入のネット送金に対応している銀行の数も多く、即日キャッシングに最も強い会社の一つと言えます。
金利 借り入れ限度額 アピールポイント
3.0%~18.0% 800万円 30日間無利息キャンペーン
アイフル
アイフル
CMでもおなじみのアイフルです。審査時間は最短で30分、申込みをしてから最短1時間での即日融資も可能です。早い時間帯に申し込めば、ネットだけで取引完了も可能です。手続きもシンプルですし、使い勝手のよい会社ですね。

※お申し込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
金利 借り入れ限度額 アピールポイント
4.5%~18.0% 500万円 30日間の無利息サービス

キャッシング即日で注意しておきたい点は?



ここでは、キャッシング即日融資について勘違いしがちな点について、一つずつ取り上げていきたいと思います。

即日融資と即日審査って、違うの?

インターネット広告や街中・雑誌の広告に、「即日融資!」や「即日審査!」という言葉をよく見かけます。どちらも「即日」という言葉が使われているため、注意しないと同じに見えますが、実際は違います。

・即日融資・・・・申込み日当日にキャッシングできること
・即日審査・・・・申込み日当日に審査をしてもらえること



つまり、即日審査はあくまで「審査」をしてもらえるだけで、(仮に審査を通過しても)当日中にキャッシングできる保証はないのです。即日で審査に通過しても、銀行の営業時間外ということで、当日中の振込みができないかもしれません。

「24時間受付」にも、ご注意

また、同じく「24時間申込みの受け付け」という宣伝文句にも要注意です。

何となく、「24時間いつでもキャッシングの受付をしていて、すぐに審査をしてもらえて、お金も貸してもらえそう」と勘違いする方もいるかもしれません


ですが、「24時間受け付け」は文字通り受付をするだけで、すぐに審査に始めるとは限りません。審査はどの会社でも大体、午前9時から始まります。夜中に申し込んだとしても、審査に回答してもらえるのは、どんなに早くても午前10時ごろです。

「24時間受け付け」という宣伝文句に惑わされないよう注意してください。

「即日審査」「24時間受付」という用語には、気を付けてください


「即日融資」のうたい文句は要注意!



世の中には「すぐにでもお金を借りたい」という方がいます。そういう人にとって、「即日融資」という宣伝文句はかなり魅力的です。ですが申込をする前に、その会社が怪しい会社でないか、確認してほしいのです。


「即日融資」をうたい文句にする広告は、ネットでも新聞でも街中の看板・張り紙でもよく見かけます。

こうした広告には、大手の銀行や消費者金融の広告もある一方、悪質なヤミ金業者の広告も少なからず混ざっているのです。

まぎらわしい社名には、特に注意!

たとえばですけど、「~(大手銀行名)リース」とか「~ファイナンス」という社名の広告を時々見かけるという方もいると思います。「聞いたことない社名だけど、大手銀行の社名がついているということは子会社か何かだろう。

ここなら、安心して借りられそうだ」と考える方もいるでしょう。ですが、これは大きな間違いです。


実は会社の社名というのは、簡単に付けられるのです。大手銀行の名前が社名に入っているからといって、大手銀行のグループ会社である保証は全くありません

むしろ、怪しい会社が「怪しさ」を隠すために大手銀行の社名を勝手に使っているケースがよくあります。そして、こういう会社が「即日融資いつでも!」といった甘い宣伝文句を掲げているから始末が悪いのです。


こうした広告が特に多いのが、スポーツ新聞や電柱にある広告です。ですので、そうした広告を載せている会社の利用はおススメできません。

街中の張り紙広告で見かける「即日融資」の広告は、ヤミ金業者の可能性が高いので特に注意です

 即日キャッシングに強い!おすすめの会社?



キャッシング即日融資のありがちな疑問

ここでは、当日借入を行う上で、よく見かける用語や、ありがちな疑問にお答えします。

総量規制って何?

キャッシングについて調べると、必ず目にする用語の一つに「総量規制」があります。ここでは、総量規制について簡単に説明します。

消費者金融を含む貸金業者は、貸金業法という法律の規制を受けます(一方、銀行は銀行法の規制を受けます)。

総量規制とは、この貸金業法の中にある、利用者保護を目的とした決まりです。中でも特に重要なのが、以下の決まりです。



・消費者金融1社からの借り入れが50万円を超えるか、他社も合せた借入の合計が100万を超える場合は、収入証明書の提出が必要

・借入の総額は、利用者の年収の1/3まで



上の決まりは消費者金融だけで、銀行カードローンでは適用されません。消費者金融の審査が早いのは確かですが、こうした法律上の規制があることは知っておくとよいでしょう。

ただし最近では、銀行カードローンの審査も厳しくなり、50万円を超える借り入れの場合に(消費者金融と同じく)収入証明書の提出を求められる場面が増えてきました

50万円以下なら収入証明書は必要ないので、面倒な人は少額借り入れに留めた方がよさそうです。


即日キャッシングは誰でもできる?

キャッシングをするには、一定の条件が必要です。審査基準は各社によって違いますが、ある程度共通している部分もあります。

・安定収入があること

・20歳以上であること

・過去5年以内に、延滞・債務整理などしてないこと



安定収入のある仕事に就いてることが、原則必要です。必ずしも正社員である必要はなく、パート(バイト)や派遣でも大丈夫です。ただし、単発の仕事しかしてない人は難しいでしょう。

また、過去5年以内に延滞(返済遅れ)、債務整理、自己破産などした方は、審査に通ることは絶対にないので、その点もご注意ください。


各社の金利は?

キャッシングで、誰でも気になるのが金利です。即日借入の場合と通常のキャッシングで金利に違いはありませんが、カードローン各社で金利は違います。

以下では、大手カードローンの金利・借り入れ限度額を見ていきます。


金利 借り入れ限度額
プロミス 4.5~17.8% 500万円
モビット 3.0~18.0% 800万円
アコム 4.7~18.0% 500万円
アイフル 4.5~18.0% 500万円
バンクイック
(三菱東京UFJ銀行カードローン)
1.8~14.6% 500万円
みずほ銀行カードローン(エグゼクティブプラン) 3.5~7.0% 1000万円
みずほ銀行カードローン(コンフォートプラン) 4.0~14.0% 1000万円
新生銀行カードローン レイク 4.5~18.0% 500万円

上の表は、消費者金融カードローンと、銀行カードローンのうち大手の金利・借り入れ限度額です。

まず、目につくのが各社の提示金利に幅があることです。これは、利用者の(初回)借入額と信用力で、この金利幅のどこかで金利が決まるためです。

ですので信用力の高い借り手と見なされれば、最低金利での借り入れもありえます。とはいえ、初回取引で借入金額が100万円以下なら、まず上限金利でのキャッシングと思った方がよいでしょう。

即日キャッシングを希望するなら、金利より審査スピードが大事

ただし、即日融資を希望するなら、あまり金利にこだわるのは得策とは言えません。先ほども書いた通り、金利だけで比較するなら銀行カードローンの方が有利です。

ですが、審査や契約スピードの点では、消費者金融の方が有利です。つまり、キャッシング即日には消費者金融の方が便利ということです。


金利やカードローンのイメージにこだわるなら銀行カードローンを選択するのもアリですが、特にこだわりがないなら、消費者金融を選んだ方がよいと思われます。

金利に大きな違いはないので、急いでお金を借りたい人は消費者金融を選択した方がよさそうです。

 即日キャッシングに強い!おすすめの会社?



当日借り入れするための流れを確認

ここでは、即日融資を受けるための流れについて、簡単に紹介します。


以下の図の通り、即日キャッシングするためには、2つの方法があります。一つは、ネット(スマホ)完結でキャッシングする方法、もう一つが自動契約機まで行く必要です。



審査を受けるまでは同じですが、その後の契約方法やキャッシングが異なります。一つずつ見ていきます。

1.ネット(スマホ)からの申込み

キャッシングの申込み方法は色々ありますが、一番便利なのはネット(スマホ)からの申込みです。このサイトで紹介している、消費者金融や銀行のサイトで申込みをしてください。


注意点は、申し込み時間が遅いと当日借り入れに間に合わないことです。当日融資を希望される人は、できるだけ早めに申し込みをしましょう


2.画面上に必要事項を入力

申込み画面で必要事項を入力します。ここで注意点が2つあります。

間違いのないように、丁寧に入力して下さい。間違いがあるとカードローン会社の担当者から確認の電話があり、審査手続きに余計な時間がかかります。

多少時間がかかっても、間違いなく(丁寧に)入力した方が結果として少ない時間で済みます。


もう一つは、会社によっては申込み画面で「即日融資を希望しますか?」という様なチェック項目がある会社もあります。その場合は必ずチェックしましょう。


申し込みが完了すると、カードローン会社から確認のメールが届きます。これで、審査が開始されます。


3.必要書類の送付・アップロード

必要書類を、カードローン会社宛に送付します。必要書類は会社によって違いますが、必ず必要なのが本人確認書類(運転免許証ほか、身分証明書)。さらに収入証明書が必要な場合もあります。


送付方法も会社によって違いますが、書類をスマホで撮影して、その画像をメールで送るか、専用サイトにアップロードする方法が一般的です。


送付方法はカードローン会社からの確認メールに記載されていますので、そちらも確認しましょう。


4.在籍確認の電話連絡

審査の一環として、カードローン会社の担当者から、あなたの勤務先に在籍確認の電話がいきます。


金融会社の担当者は社名を名乗ることはないので(個人名で掛かってきます)、キャッシング審査の電話であることが周りにばれる心配はまずありません。

ただし銀行カードローンの場合は、あなたがお願いすれば銀行名を名乗ってもらえる場合もあります。


あなたが会社にその時間に在席している必要はなく、周りの方が電話に出て、あなたが不在であることを伝えればそれで在籍確認が完了となります。


5.審査結果の連絡(メールか電話)

審査結果の連絡が、メールか携帯に来ます。申し込みをしてから、早ければ30分程度ですが、書類提出や在籍確認で手間取れば、1時間以上かかる場合もあります。

先ほども説明した通り、消費者金融よりも銀行カードローンの方が、審査にかかる時間は長いです。


審査に通過すれば、契約手続き・キャッシングになりますが、ネット(スマホ)完結で取引するか、自動契約機まで行くかで手順が違ってきます。


以下では、それぞれの方法ごとに見ていきます。


6-1.スマホで契約手続き(スマホ完結)

スマホ(ネット)完結取引の場合、審査通過後にスマホ上で契約手続きが行えます。契約内容は、メールでも確認できますので、よくご確認ください。


6-2.メールで契約内容の確認(自動契約機)

メールで契約内容が送られてきますので、ご確認ください。ただし、この時点では契約はできません。 


7-1.キャッシング・振込み(スマホ完結)

契約後に、カードローンでのキャッシングができるようになります。消費者金融の場合は、ご自分の指定口座に振り込みをします。

ただし、平日15時以降は当日中の銀行振り込みができないので、契約後はすぐに振込手続きに入ってください。


銀行カードローンの場合、お手持ちのキャッシュカードでキャッシングできるようになります。お近くの支店(ATM)かコンビニで、キャッシュカードを使って借り入れをして下さい。


7-2.自動契約機まで行く(自動契約機)

お近くの自動契約機(ローン契約機)まで行きます。

自動契約機の場所は、各社で用意している専用スペースか、(銀行カードローンの場合は)銀行の支店内に設置されています。


注意点としては、自動契約機の営業時間が21~22時までなので、(たとえ契約に通過していても)遅い時間に自動契約機に行っても、当日中の借り入れができないことです。

自動契約機までの移動時間も考えて、審査通過後は早めに行きましょう。


8-1.ローンカードと契約書類の受け取り(スマホ完結)

一部のカードローンを除き、スマホ完結で契約後に、ご自宅にローンカードと契約書類が送られてきます。

郵便物に社名は記載されてないので(銀行カードローンの場合は、銀行名のみ)、家族にカードローンのことがバレる心配は少ないでしょう。

郵便物は契約後、1週間程度で送られてきます。


ただしプロミス・モビットなど、完全スマホ完結に対応したサービスは、書類やローンカードがないので自宅への郵送物はありません。


8-2.契約手続き・カード受け取り(自動契約機)

自動契約機で、契約手続きをします。手続き時間は会社・銀行によって違いますが、銀行カードローンの場合は40分程度かかる場合もあります。

契約完了後にローンカードと契約書類を受け取ります。ローンカードがあれば、コンビニATMでもキャッシングができるようになります。


注意点として、本人確認書類の提示を求められる場合があるので、身分証明書を持参しましょう。特に、バンクイックは運転免許証の持参が必須になっています。

 即日キャッシングに強い!おすすめの会社?




キャッシング即日融資のタイプ別の注意点

上では、キャッシング即日をするにあたって、3つの場面に分けて説明しました。それぞれで会社ごとに条件が違うのは、先ほど見た通りです。

来店不要(=スマホ完結)で即日キャッシングをするなら

(平日)遅い時間の申し込みで即日融資を受けたいなら

土日祝日に当日融資を受けたいなら


ここでは、それぞれの条件をおさらいしつつ、補足事項と注意点について説明したいと思います。

来店不要(=スマホ完結)での即日キャッシング、おさらい

先ほど、スマホ完結で即日キャッシングできるサービスと、その条件について以下の表を紹介しました。

スマホ完結の条件 締め切り時間 完全スマホ完結
プロミス ・特定の銀行を振替口座にすること
・「WEB完結」を利用する
平日14時までの契約完了
モビット ・特定の銀行を振替口座にすること
・「WEB完結申込」を利用する
平日14時までの申し込み
アコム ・特定の銀行口座を利用すること
・電話で送金依頼をすること
平日17時までの申し込み ×
アイフル ・電話で送金依頼をすること
・送金依頼は平日14時10分までに
平日13時までの申し込み ×

先ほども説明した通り、スマホ完結のサービスの中でも、プロミス・モビットは、書類やカードの受け取りが必要ないので大変便利です

ただし、即日融資を受けるためには少し早めの時間に申し込む必要があり、その点は注意が必要です。


また、取引銀行の指定もあります。モビットは三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行のみに対応しています。

一方プロミスは、対応している銀行が多いので、ある程度使いやすいのが利点です。

後日、カードと契約書類の受け取りが必要な場合もある

注意したいのは、スマホ完結の取引でも、ローンカードと契約書類を郵送で受け取る必要のある会社があることです。上の表でいえば、アコムとアイフルがそうです。

キャッシングまでは来店不要で対応するのですが、契約から1週間後くらいに自宅に郵便物(カードと契約書類)が送られてきます。


郵便物に社名の記載はないので、カードローンと家族にバレる心配は少ないでしょうが、家族に勘の良い人がいるなら気を付けた方がいいでしょう。

アコムやアイフルは、契約書類とローンカードが自宅に送付されてきますので、(スマホ完結とはいえ)ご注意ください。


(平日)遅い時間の申し込みで即日融資、おさらい

平日の遅い時間の申し込みでも即日キャッシングに対応可能なサービスと、その条件です。

申し込み・契約の条件 締め切り時間
プロミス ・ネット申し込み後、自動契約機で契約完了
・カードの受け取りは22時までに(一部21時まで)
20時申し込み
モビット ・ネット申し込み後、自動契約機で契約完了
・カードの受け取りは21時までに
19時申し込み
バンクイック ・ネット申し込み後、テレビ窓口で契約完了
・契約には運転免許証が必要
・遅くとも17時までにテレビ窓口に行くこと
なるべく早く
アコム ・ネット申し込み後、自動契約機に行く
・遅くとも21時までに契約機に行くこと
20時申し込み

表も見てもお分かりの通り、どれも自動契約機(ローン契約機)まで行く必要があります。

自動契約機はどこも20時から22時まで営業しているパターンが多いです。ですので、審査通過後に、その時間までに自動契約機に行く必要があります。


ただ、バンクイックだけはテレビ窓口の終了時刻が比較的早いこと、契約には運転免許証が必要になるので、その点はご注意ください。

平日遅い時間の申し込みでもスマホ完結が可能なサービス

上では、平日遅い時間に自動契約機に行くことで即日キャッシングできるサービスを紹介しました。

一方で、スマホ完結でも遅い時間の申し込みに対応しているサービスはあります。ただし、対応している会社は少な目で、条件もやや厳しいです。

申し込み・契約の条件 締め切り時間
プロミス ・三井住友銀行を振替口座に指定すること
・「Web完結」で申し込みをすること
20時申し込み
アコム ・楽天銀行を振替口座に指定すること 20時申し込み

プロミスは三井住友銀行を振替口座にしていれば、平日遅い時間の申し込みでも即日融資に対応可能です。

アコムは楽天銀行を振替口座に指定していれば、平日遅い時間でも即日振込に対応しています。

三井住友銀行の口座を持っているなら、プロミスで遅い時間の申し込みでもスマホ完結の即日キャッシングに対応しています。


土日祝日に当日融資を受けたいなら、おさらい

まず、土日祝日の即日キャッシングに対応したサービス、その条件をまとめた表です。

申し込み・契約の条件 締め切り時間
プロミス ・ネット申し込み後、自動契約機で契約完了
・カードの受け取りは22時までに(一部21時まで)
20時申し込み
モビット ・ネット申し込み後、自動契約機で契約完了
・カードの受け取りは21時までに
19時申し込み
バンクイック ・ネット申し込み後、テレビ窓口で契約完了
・契約には運転免許証が必要
・遅くとも16時までにテレビ窓口に行くこと
なるべく早く
アコム ・ネット申し込み後、自動契約機に行く
・遅くとも21時までに契約機に行くこと
20時申し込み

お気づきの方もいると思いますが、平日遅い時間の条件表と似ています。違いは、土日祝日の方がやや締め切り時間が早いことです。

土日祝日であっても、自動契約機まで行けるなら即日融資に対応しています。ですが、土日祝日はお金を借りたい人が多いためか、自動契約機が混雑もすることも予想されます。


ギリギリの時間に行ったら、他の人が契約している最中で待たされることもありえます。自動契約機は(その場所に)1つしかない場合がほとんどですので、前の人が終わるまで待つ必要があります。

こういうケースを避けるためにも、少しでも早めに申し込みをすることをおススメします。

土日祝日は平日よりも、混雑が予想されます。即日融資を希望される人は、早めに申し込み手続きを済ませましょう!


 即日キャッシングに強い!おすすめの会社?




【当社運営サイト】
カードローン教室 | 元銀行員がおすすめのカードローンを紹介!
元銀行員がカードローンの疑問にお答えする情報サイトです。初めてカードローンを作るという方は是非参考にしてください。


【元銀行員が教える!】初めての消費者金融~おすすめ一覧!
消費者金融って何となく恐い、と思っていませんか?実は消費者金融は、誤解されがちですけど、とても便利なサービスなんです。ここでは初めて消費者金融を利用する方のための、お役立ち情報を元銀行員が紹介してます。