【元銀行員おすすめ】即日でお金を借りる!最短キャッシング

キャッシング即日ガイド

今日中にお金を借りたい!

急いでお金を用意しないと!


こんな状況になる人も多いはずです。

ですが実は、会社選びを間違えたり、申し込み時間を間違えると当日中にお金を借りることはできません。

ここでは、今日中にお金を借りるための条件と、おススメの会社を解説します。

専門家が選ぶ!即日で借りるのにオススメの会社は?



プロミス
プロミス
契約機台数が業界No.1

来店不要のキャッシングにも強いです
金利は4.5%~17.8%です。



SMBCモビット
契約機台数は、業界No.2
会社への電話連絡なしのキャッシングが可能

金利は3.0~18.0%です。



アイフル
アイフル
CMでもご存じアイフルです。
30日間の無利息サービスが好評です。
金利は3.0~18.0%です。





即日でお金を借りる上で、絶対に知っておきたいこと

上でも書いた通り、会社選びや申し込み方法を間違えると、即日のキャッシングができません。

ここでは、即日融資を受けるための条件を見ていきます。

銀行カードローンでは即日キャッシングできない!

現在、最も早くキャッシングできる商品はカードローンです。

ですが、カードローンならどこでも良い訳ではありません。


実は2018年から、銀行カードローンでは即日でお金を借りることが不可になりました。

銀行カードローンの審査では、警察庁のデータベースに照会する手順が新たに増えました。


これにより、銀行カードローンの審査回答は最短でも翌営業日となりました。

即日でお金を借りたいと思ったら、消費者金融を選ぶしかありません。

<関連記事>:【要注意!】銀行のキャッシングが即日不可になった!

即日でお金を借りたい人は、焦って銀行カードローンに申し込まないよう、気を付けて下さい

お金を借りるための条件は?

即日に限らず、お金を借りるためには、以下の3つ条件を全て満たす必要があります。

  • 満20歳以上であること

  • 安定収入があること

  • 身分証明書を持っていること


年齢は問題ないですね。

未成年は、原則お金を借りることができません(奨学金などを別にすれば)。


「安定収入」とは、パートでも派遣でも構わないのですが、週3日以上働いて、毎月決まった収入があることです。

もちろん、正社員の方が審査には有利です。

逆に、単発バイト・無職・専業主婦の人は、審査に通りません。


身分証明書をスマホで撮影して、会社に送付する必要があります。

身分証明書とは、運転免許書かパスポート・マイナンバーカードなど、写真の付いた書類です。


上の3つ以外に、借入希望額が50万円を超えるか、(借入希望額+他社との借り入れ)合計が100万円を超える場合、収入証明書を提出する必要があります。

これは、貸金業法で決められたルールなので、拒否することはできません。

即日借入れには、2つの契約方法がある

最短でお金を借りるのに、最適な申し込み方法はスマホ(Web)申し込みです。

ですが契約方法は、2通りあります。


一つはスマホ(Web)上で契約する方法です。

即日振込の形でお金を借りたいなら、この方法です。


もう一つは、対応する契約機まで行って契約する方法です。

ローンカード・契約書類を自宅に郵送させたくないなら、この方法です。


どちらの方法でも即日借入れは可能ですが、条件が違います。

この点は後ほど、詳しく説明します。

即日融資と即日審査って、違うの?

即日融資と即日審査は違う

「即日融資」と似た言葉に、「即日審査」があります。

即日審査をアピールする会社もありますが、即日融資とは全然別ものです。


即日融資:申し込みをした当日にお金を借りられる

即日審査:申し込みをした当日に審査回答が得られる



つまり即日審査は借入れの手続きに時間がかかり、仮に審査に通過しても借入れは翌日以降になります。

先ほど即日キャッシングするなら、消費者金融だけと書きました。


ですが、即日融資に対応してない消費者金融も数多くあります。

そういう会社ほど、「即日審査!」をアピールしてくるので注意が必要です。

「即日審査」「24時間受付」という用語には、気を付けてください。即日で借入れできるとは限らないので。

 即日キャッシングに強い!おすすめの会社?



振込を利用して(来店せずに)即日キャッシング

振込での即日キャッシングの利点は、契約機まで行かずに済むことです。

以前は即日振込(=即日での振込キャッシング)の条件が厳しかったのですが、ここにきて状況が変わりました。

モアタイムシステムで締め切り時間が変わる

モアタイムシステムとは

ご存じの通り、以前の銀行は、平日9時から15時までの間しか振込ができませんでした。

これがネックになり、即日振込でのキャッシングは、平日遅い時間や土日は不可でした。


それが「モアタイムシステム」の導入により、平日遅い時間や土日にも即日振込に対応できるようになりました。

モアタイムシステムとは、平日夜間や土日に、銀行間の振込が行えるシステムです。


ただ、モアタイムシステムに対応する消費者金融は、限られています。

この点は、後ほど説明します。

<外部の関連サイト>:【元銀行員が解説】モアタイムシステムとは?即日振込のための締め切り時間が変わる!

このモアタイムシステムのおかげで、即日振込のハードルが大きく下がりました!

振込でキャッシングする流れ

即日振込,手順

それでは、即日振込をする時の流れを見ていきます。

即日振込するのに大事なのは、申し込み時間と振り込み時間です。

各社とも審査は21時までのため、あまり遅い時間の申し込みだと翌日に回されます。


また、モアタイムに対応してない会社は、即日振込のための締め切り時間も早くなります。

各社の締め切り時間は、以下で見ていきます。

<関連記事>:即日振込におすすめのキャッシングサービスは?

各社の締め切り時間をチェック!

以下は、平日で即日振込を受けるための、消費者金融大手の締め切り時間です。

申し込み時間 振り込み時間 モアタイム
プロミス 20時まで 24時まで
SMBCモビット 20時まで 23時30分まで
レイクALSA 20時まで 23時50分まで
アコム 16時まで 17時まで ×
アイフル 13時前まで 14時まで ×

表にもある通り、モアタイムシステムに対応してるかで、締め切り時間が大きく違います。

アコム・アイフルは、少し早い時間に申し込みしないと間にあいません。

土日祝日に即日振込でお金を借りるなら

次に、土日祝日に即日振込するための、各社の条件を見ていきます。

ここでも有利なのは、モアタイムシステムに対応したプロミス・SMBCモビット・レイクALSAの3社です。

申し込み時間 振り込み時間 銀行の制限
プロミス 20時まで 24時まで なし
SMBCモビット 月から土:20時まで
日曜日:18時前まで
月から土:23時30分まで
日曜日:18時50分まで
なし
レイクALSA 20時まで 23時50分まで なし
アコム 20時まで 24時まで 楽天銀行のみ

プロミスとレイクALSAについては、平日・土日・祝日に関係なく20時までの申し込み、24時前の振込に対応しています。


少し分かりづらいのがSMBCモビットで、月から金の祝日と土曜日は、20時までの申し込み、24時前の振込に対応しています。

ただ日曜だけは、振込の締め切りが18時50分なので、18時前には申し込みを完了させたいところです。


アコムは振込先が楽天銀行の場合だけですが、曜日に関係なく、20時までの申し込み、24時前の振込に対応しています。

<関連記事>:土日祝日の即日キャッシングにおすすめの会社は?

即日振込で便利なのは、プロミス・SMBCモビット・レイクALSAの3社ですね!

 即日でお金を借りる!おすすめの会社?



契約機を利用して即日でお金を借りる

契約機を利用するメリットは?

契約機を利用するメリットは、大きく言って2つです。


一つは、ローンカードと契約書類を契約機で受け取るため、自宅への郵便物がありません。

自宅に郵便物を送ってほしくない人は、この方法を取るとよいでしょう。


2つ目は、銀行口座を経由せずに借入れできることです。

即日振込は確かに便利ですが、銀行の通帳に記録が残ります。


もし家族に通帳を見られたら、キャッシングのことがバレますよね。

常にローンカードで借入れ・返済をすれば、銀行に記録が残らずに済みます。

契約機でキャッシングする流れ(平日・土日祝日)

下のフローチャートは、契約機を使って即日キャッシングをするまでの流れです。

契約機で即日キャッシングする流れ

まず、契約機での利用の場合、平日・土日・祝日で、すべて締め切り時間は同じです。

各社とも審査時間は21時までなので、遅くとも19時から20時までには申し込みを完了させる必要があります。


また、契約機の営業時間が21時から22時までなので、審査通過後に、できるだけ早く契約機まで行く必要があります。

審査に通っても21~22時の契約機の営業時間内に契約しないと、当日中の借入れができません!

各社の締め切り時間をチェック!

契約機で即日キャッシングするための、各社の締め切り条件を見ていきます。

繰り返しになりますが、契約機の場合は平日・土日祝日で時間は全部同じです。

申し込み時間 契約機の営業時間
プロミス 20時まで 22時まで(一部21時まで)
SMBCモビット 20時まで 21時まで
アイフル 20時まで 22時まで
アコム 20時まで 22時まで
レイクALSA 20時まで 22時まで

こうして見ると、各社で条件に違いはありません。

20時までに申し込みをして、21時までに審査に通過し、22時までに(場合によっては21時までに)契約機で契約を完了させる必要があります。

選ぶポイントは、対応する契約機の数

申し込みの締め切り時間では他社で違いはありませんが、対応する契約機の数は違います。

以下は、大手消費者金融の対応する契約機の数です。

サービス名 契約機の台数(推定)
プロミス 1800超
SMBCモビット 1100超
アコム 1000超
アイフル 850超
レイクALSA 700超

こうして見ると、プロミスとSMBCモビットの契約機台数が多いことが分かりますね。

契約機を使った即日借入れの場合、一押しはプロミス、次いでSMBCモビットです。


以上、即日振込・契約機のそれぞれでの、即日借り入れの方法と各社の条件を見てきました。

これを踏まえて、即日でお金を借りるのにオススメの会社をランキング形式で紹介します。

【元銀行員が選ぶ!】キャッシング即日に強い会社、おすすめランキング

プロミス
プロミス
業界大手のプロミスです。

モアタイムシステムに対応してるため、平日土日に関係なく、20時までのWeb申し込みで即日で振込キャッシングも可能です。

Web完結ならカード・書類の受け取りもないので、来店なしで自宅への郵便物もありません(注)。

対応する契約機の数も業界No.1で、最も即日に強い会社と言えます
金利 借り入れ限度額 アピールポイント
4.5%~17.8% 500万円 30日間の無利息サービス※

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※対象金融機関は200行以上あります。
(注):メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

SMBCモビット
モアタイムシステムに対応してるため、平日・土曜と20時のWeb申し込みでも、即日での振込キャッシングが可能です(日曜は18時前の申し込み)。

最大の魅力は、「Web完結申込」なら契約書類・カードの受け取りなしで、勤務先への電話連絡がいかないことです。

対応する契約機の数も業界No.2で、即日融資に強い会社と言えます。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
金利 借り入れ限度額 アピールポイント
3.0%~18.0% 800万円 勤務先への電話連絡なし可
レイクALSA
レイクALSA
新生銀行グループの消費者金融です。モアタイムシステムに対応してるため、即日振込で強みがあります。

21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、即日借入れに対応可です。

契約機の数が少ないのが難点ですが、モアタイムに対応する数少ない消費者金融の一社です。

※一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
金利 借り入れ限度額 アピールポイント
4.5%~18.0% 500万円 無利息サービス
<現在、無利息キャンペーンを実施中です(5/15まで)>

ご契約額1万~200万円までで、初めてのご契約であれば60日間無利息です。

・期間限定 2月15日(金)から5月15日(水)ご契約完了のお客さま
・30日間無利息、180日間無利息との併用不可
・200万円までの初回契約なら、「60日間無利息」か「借入れ5万円で180日間無利息」を選択可能
・200万円を超える初回契約は、30日間無利息

アイフル
アイフル
CMでもおなじみのアイフルです。

Web完結なら、来店不要でカード・契約書類の受け取りも不要です。

即日振込を希望の人は、平日13時前までにスマホ申し込み、14時までに振込を完了させましょう。

契約機での契約なら、20時までのスマホ申し込み、22時までの契約機での契約で、曜日に関係なく即日借入れが可能です。

大手ならではの、安心できる一社です。

※お申し込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
金利 借り入れ限度額 アピールポイント
3.0%~18.0% 800万円 30日間の無利息サービス
アコム
三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムです。

モアタイムシステムには対応してないものの、契約機の数(業界No.3)やブランド力が強みです。

契約機での契約なら、20時までのスマホ申し込み、22時までの契約で曜日に関係なく即日借入れが可能です。

即日振込を希望するなら、平日16時までの申し込み、17時までの振込で対応可能です(ただし、振込先は大手銀行に限られます)
金利 借り入れ限度額 アピールポイント
3.0%~18.0% 800万円 30日間無利息キャンペーン
(注):こちらのランキングは、当社が独自に集計・評点した結果を表示しています。



もぐお

この記事の執筆者: もぐお

元銀行員。難しいキャッシングの情報を分かりやすくお伝えできるよう、頑張ります!プロフィールはコチラ




【当社運営サイト】
【元銀行員がおすすめ】カードローン教室~ありがちな悩み・疑問に専門家が回答します!

【元銀行員が教える!】初めての消費者金融~おすすめ一覧!