【重要】即日キャッシングで失敗しないポイントは?

カードローンでの「即日キャッシング」は、急いでお金が必要な時に便利です。

しかし、すべてのカードローン会社が即日キャッシングに対応している訳ではないなど、利用の上でいくつかの注意点があります。

事前に知っておけば、防げるミスも多くあります。

ここでは、即日キャッシングを利用する際に、前もって知っておくと役立つポイントを見ていきます。


即日キャッシング、まず何から始めればいい?



緊急でお金が必要な時に便利なのが「即日キャッシング(即日融資)」ですが、初めての場合はまず何をしたらよいのか分からない方も多いはずです。

ここでは、即日キャッシングをするために最初にすべきことを見ていきます。

即日融資に強いカードローンを選ぶ

即日キャッシングを利用する際、まず最初にすべきことは、「即日融資に強いカードローン」を選ぶことです。

世の中には沢山のカードローン会社がありますが、そのすべてが即日融資を行っている訳ではありません。

会社を間違えてしまうと、その段階で即日融資が受けらないことになってしまうので、「即日融資に対応」と書かれたカードローンの中から自分の希望条件に見合うものを選んで申し込むようにしましょう。


ただし、「即日融資に対応」と書かれていても、絶対に即日融資が利用できるという訳ではありません。状況次第では即日融資が利用できないケースもあります。

また最近の傾向として、銀行カードローンが即日融資に対応しない方向で動いています。即日キャッシングを希望するなら、消費者金融カードローンの方がよいでしょう。

WEB申込ならスピーディーに対応してくれる

ほとんどのカードローン会社では申込方法が複数用意されており、その中から自分の都合に合った申込方法を選ぶことが出来ます。

代表的な申込方法には店頭申込、郵送申込などがありますが、中でも人気の高い申込方法がWEB(ネット・スマホ)からの申込です。


WEB申込だと自分の好きな場所・時間に人目を気にせず申し込みができるだけでなく、店舗まで出掛ける時間や相手先企業に郵便が届くまでの無駄な時間をカットできます。そのため、より早く審査が受けられます。

一刻も早く即日キャッシングを利用するためには、ネット・スマホ申込を利用するとよいでしょう。

不安ならWEB仮審査を利用する手も

上記ではカードローンの基本的な申込方法を簡単に書きましたが、中にはカードローン審査に通ることが出来るかどうかが不安で「いきなり申し込むのはちょっと…」と感じる方もいると思います。

そんな時には、「WEB仮審査」を利用してみるのも一つの手です。


WEB仮審査とは、ネット上で行っている簡単な審査のことで、生年月日・年収・他社からの借入額など3項目程度の情報を入力するだけで「融資可能かどうか」の目安が分かります。

ただし名前のとおり仮の審査であるため、「融資可能な見込み」という結果が表示されたとしても、実際のカードローン審査では落ちるケースもあります。

とはいえ、いきなりカードローン審査に申し込むのは何だか不安だ、という場合はひとつの目安として受けてみることで少し気持ちがラクになるかもしれません。


即日キャッシング、申込の注意点は?



即日キャッシング対応のカードローンに申込む場合は、とにかく急いでお金を借りたいはずです。

ピンチをすぐに切り抜けるためにも、必要な書類や申込の注意点を先に覚えてスムーズに審査を受けられる状況を整えておきましょう。

「即日審査」 = 「即日融資」ではない

同じ意味と誤解されることも多い「即日審査」と「即日融資」ですが、この二つは別な意味です。

「即日審査」とは、申し込んだその日に審査を行うという意味です。あくまでも審査が申込当日に行われることを示すだけなので、その日のうちに借り入れが行えない可能性もあります。

一方で、「即日融資」は申込当日に借入を行えることを示す言葉です。そのため、即日キャッシングを利用する場合はこの言葉が書かれたカードローン会社を選ぶ必要あります。

ただし、「即日融資に対応」と書かれていても、申し込み時間などによっては当日中にお金を借りられないケースもあります。

必要書類は事前に準備

どんなカードローンでも必ず必要なのが運転免許証・パスポート・健康保険証などの「身分証明書」です。身分証明書がなければカードローンの申込ができませんので、忘れずに準備しておきましょう。

上記の身分証明書がない場合は、顔写真付きの住民基本台帳カードや個人番号(マイナンバー)カードを身分証明書として使用できるケースもあります。


各企業によって使用できる身分証明書には若干の違いがありますので、自分が利用したいカードローンの条件を事前に確認しておきましょう。

また、借入希望額が50万円を超える場合や他社の借入合計額が100万円を超える場合は、消費者金融系カードローンでは「収入証明」の提出も義務付けられています。

銀行系カードローンでは収入証明の提出は義務ではありませんが、やはり50万円以上の借入を行う場合など、消費者金融と同じような状況で提出を求められるケースが少なくありません。

申込みはできるだけ早めに行う

いくら「即日融資に対応」と書かれたカードローン会社であっても、あまり遅い時間に申し込んだら、審査や契約を翌日にされてしまいます

申し込みはできるだけ早めに行うとよいでしょう。


即日融資のための「申し込み締め切り時間」は各社とも公表していませんが、ネット(スマホ)完結なら平日13時までに、自動契約機で契約するなら19時までの申し込みが目安です。

これ以降の申し込みだと、当日融資に間に合わない可能性が出てきます。もちろん、即日キャッシングの対応状況は、カードローン各社によって異なります。

また銀行カードローンよりも、消費者金融の方が即日キャッシングに対応していることは、知っておいた方がよいでしょう。


即日キャッシングの「在籍確認」は無しにできる?



「在籍確認」とは、申込者が申告どおりの会社に勤務しているか確認することで、職場に電話が掛かってくるのが一般的です。

カードローン会社の名前ではなく担当者が個人名で電話を掛けてきますが、やはり無くせるのであれば無くしたいのがこの在籍確認ではないでしょうか?

ここでは、即日キャッシングの在籍確認について見ていきます。

在籍確認は絶対に避けられない

結論から言うと、在籍確認は絶対に避けられません

カードローン会社は審査の段階で、申込者にきちんとした返済能力があるかどうかを確認します。

在籍確認無しだと申込者はいくらでも嘘をつける状態になりますので、それを防ぐため、勤務先への在籍確認は必ず行われるのです。

ただし、「電話連絡なし」にはできるケースも

上記のとおり、在籍確認を無くすことは出来ません。しかし、勤務先への電話連絡を無しにする方法はあります

その方法は二つです。

一つ目は、モビットの「WEB完結申込」を使う方法です。モビットのWEB完結申込を使うと、在籍確認はメールを受け取るだけで済み、勤務先への電話連絡を無しにできます。

しかし、モビットを利用すれば誰でもこのようにしてもらえるという訳ではないため、注意が必要です。

社会保険証か組合保険証を持っていること、三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行を振替口座にすること…などいくつかの条件を満たしていなければ利用ができません。


二つ目は、追加で収入証明書を提出することで、電話での在籍確認の代わりにしてくれる方法です。

しかし、この方法が使えるのは一部の消費者金融のみであり、さらに審査の状況次第では認められないケースもあります。また、この方法は銀行カードローンでは使えません。

在籍確認なしをアピールする業者には注意

在籍確認の電話が会社に掛かってくるのは、できれば避けたいものです。

しかし、だからと言って、「在籍確認なし」などと書かれた業者を利用することだけは絶対にやめましょう。そのような会社は危険な貸金業者です。

まともな企業であれば、「在籍確認なし」ということは絶対に有り得ません。在籍確認をしない(とアピールする)会社は怪しい業者であることを覚えておいてください。


こんなケースはキャッシング審査でNGになる



カードローンに申込むためには、一定の条件を満たしている必要があります。例えば、年齢は必ず20歳に達していて、安定収入があるなどです。

この他にも、カードローンの申込ができない=即日キャッシングの利用までたどり着くことなく審査NGとなってしまうケースがあります。以下で、そのケースを見ていきます。

生活保護を受給している

生活保護受給者の場合、たとえ仕事をしていても融資は受けられません。

生活保護を受給しているということは、生活が苦しいということです。返済できる見込みがなければ借入は出来ませんので、カードローンの審査に通ること自体が無理と言えます。

ブラックリストに載っている

ブラックリストに載っている場合も審査NGとなります。

ブラックリストとは、長期にわたって返済が滞った・自己破産したというような情報がまとめられた一覧表を指す俗称です。

実際に「ブラックリスト」という表が存在する訳ではありませんが、借入利用者の取引情報を管理する信用機関にそういった事故情報が載ることを「ブラックリストに載る」と言います。

状況にもよりますが、一般的にブラックリストに載った情報が消えるまでには5年~10年ほど掛かると言われております。

このリストに名前が載っているうちは新たなカードローン審査に通ることは出来ません。また、利用中のカードローンがある場合も、追加融資を受けることはできなくなります。

借入が年収の3分の1を超えている

消費者金融の場合、「総量規制」という法律があるため年収の3分の1を超える借入は行えません。

よって、すでに他社で年収の3分の1を超える借入がある場合、消費者金融のカードローン審査はNGとなります。

銀行の場合はこのような縛りがありませんので、申込者の条件によっては年収の3分の1以上の借入を行える場合もあります。


以上、即日キャッシングを利用する上で知っておきたい基本のポイントを簡単に見てきました。より詳しい情報は下記のリンクで確認することが出来ますので、ぜひ参考にしてください。

即日キャッシングの注意点 関連記事一覧


カードローンを安全に利用するために



審査に通って即日キャッシングを行った後も、また何度か追加で借入を行うことがあるかもしれません。いくら便利とはいえ、借金に慣れてしまわないように心がけることはとても大切です。

また、お金がない状態にも関わらずカードローン審査に落ちることが続いた人は、「もう、お金が借りられるならどんな方法でもいい」と考えてしまうこともあるかもしれません。

しかし、そんな時こそ気持ちを強く持ちましょう。目先のことに惑わされて後で泣かないために、安全にキャッシングを利用するためのポイントを押さえておきましょう。

利用は計画的に!

一度キャッシングを利用してみると、想像以上に簡単にお金が借りられることに驚く方も少なくないでしょう。


この手軽さに慣れすぎてしまうと、いつしかそれが「借金」だという感覚が薄れて、まるで自分の貯金を使うかのように、ちょっとしたことで簡単にキャッシングを繰り返すようになってしまうケースも少なくありません。

カードローンは借金です。借りすぎると返済がどんどん大変になっていくので、自分が返せる範囲で計画的に利用することがとても大切です。

ヤミ金の甘い言葉に乗らないこと

先でも書きましたが、「無審査」「ブラックOK」「生活保護でも断りません」など、通常では考えられないような甘い条件を謳う(うたう)業者は100%危険なヤミ金業者です。

最初は優しい言葉で興味を持たせ、契約後に恐ろしい本性を見せてくるのがこういった業者の手口です。法外に高い金利の請求だけに留まらず、返済が遅れたことで暴力事件などに発展する恐れもあります。

まともな業者にこのような甘い言葉を謳う業者は存在しません。騙されないよう十分に気をつけましょう。

 キャッシング即日に強いカードローン、おすすめランキング