【元銀行員が解説】学生がキャッシングする時に知ってほしいこと

「今すぐお金が必要だけど、手元にお金がない!」という経験をした学生の人は多いはずです。

親や友人から借りられれば一番ですけど、それが難しい人もいますよね。


そんな時に便利なのがキャッシングです。

ただし学生のキャッシングは、それなりに条件が厳しく、誰でもできる訳ではありません

ここでは、学生がキャッシングをする上での条件・方法、注意点など解説します。


なお、ここでいう「学生」とは専門学校生・大学生(・大学院生)のことで、高校生は含まれません。

高校生はどんな方法でもキャッシングできませんので、ご注意ください。


学生でもキャッシングは可能!ただ注意点もある

学生キャッシング,注意点

上でも書いた通り、学生でもキャッシングは可能ですが、それなりの条件があります。

以下で詳しく解説します。

原則20歳以上で、安定(バイト)収入あり

キャッシングの条件として挙げられるのが、「原則20歳以上で、安定(バイト)収入あり」です。

どのキャッシング会社も銀行も、20歳以上を申し込み条件に挙げています。

ただし、ごく一部の会社については未成年(18歳・19歳)でも申し込みできます

この点は、後で改めて説明します。


「安定(バイト)収入あり」とは、学業以外の空いた時間でバイトをしていることが絶対条件、という意味です。

ここでいうバイトとは、週3日以上のバイトを指します


単発バイトや週1~2回のバイトでは、キャッシング審査に通過するのは厳しいでしょう。

なお、親からの仕送りは「安定収入」には含まれませんので、ご注意ください。

未成年の場合、親の同意は絶対必要

学生キャッシング,未成年

一部の学生ローンやクレジットカードは、未成年でもキャッシングに対応している会社があります。

ただし未成年の場合、どの会社も絶対条件として挙げているのが「親の同意書」です。

つまり、未成年の学生が親に内緒でキャッシングすることは絶対にできないので、その点はご注意ください。

20歳以上なら親の同意は必要ないが、親の連絡先は聞かれる

20歳以上なら、親の同意なしにキャッシングは可能です。

ただし学生ですと、どの会社(銀行)でも親の連絡先を聞かれます


これは、学生のあなたと万一連絡が取れなくなったときに、連絡を取れる先として聞くようです。

キャッシングの審査で、親に連絡がいくことは原則ありませんが、一部の銀行カードローンは親に電話がいくケースもあるようです

学生キャッシングの審査は少し厳しい

学生は社会人に較べて、キャッシングの審査が少し厳しくなります

学生は社会人と違ってフルタイムで働くことができず、アルバイト収入しかないためです。


ただ、そうは言っても、審査に通りやすい学生と、そうでない学生はいます。

以下では、審査に通りやすい学生・通りづらい学生を簡単に紹介します。


<審査に通りやすい学生>
・もうすぐ社会人になる学生

・借り入れが初めての学生

・実家暮らしの学生

・週5でバイトをしている学生



<審査に通りづらい学生>
・過去に債務整理、携帯料金の延滞をした学生

・親が債務整理・自己破産をしたことのある学生

・バイト期間が短い、週2日以下のバイトしてる学生


学生のキャッシングできる金額は、多くても30~50万円

いざお金を借りようと思っても、いくらまでお金を借りられるか、気になる所ですよね。

結論から言えば、学生がキャッシングできる金額は最大でも30万から50万円です。


キャッシングできる金額は、総量規制という法律により、「年収の1/3まで」とされています。

たとえば、あなたが毎月5万円のバイト収入があるとします。1年計算では、年収60万円になります。

とすると、あなたがキャッシングできる金額は最大でも20万円までです。


加えて、学生のキャッシング審査はそもそも厳しいです。

借りられても、せいぜい30万円程度と覚えておくとよいでしょう。

ちなみに未成年のキャッシングは更に厳しく、どれだけバイト収入があっても、せいぜい10万から20万円ほどです。

借り過ぎに要注意!!

キャッシングは便利なサービスで、つい必要以上に借りてしまう人が後を絶ちません。

ですが、キャッシングはそもそも借金です。借りたお金は、利息を付けて必ず返す必要があります。


上でも書いた通り、学生のキャッシング審査は厳しく、大きな金額を借りることはできません。

それでも、キャッシング後にバイトを辞めてしまえば、返済が難しくなり、借金が膨れ上がることになります。

後々の返済のことも考え、キャッシングで借りる金額は必要最低限にしましょう



学生キャッシング、3タイプを紹介!

学生キャッシング,種類

学生がキャッシングする方法は、大きく言って3つあります。

・カードローン(消費者金融 or 銀行カードローン)

・学生ローン

・クレジットカード


それぞれに特徴があるので、一つずつ見ていきます。

(1)カードローン

契約すると借入枠が設定され、その枠の範囲内でなら何度でも借り入れができます

少額の借り入れができるサービスとして、広く一般に使われています。

カードローンには消費者金融と銀行カードローンの2種類があり、それぞれ強みが違います。


・消費者金融
「プロミス」「アコム」といった社名を、テレビCM・電車のつり革広告で見た人も多いはずです。

少額だけ借りられるキャッシングサービスです。大手の企業なら、スマホサービスが充実しています

また、即日で借りられるも魅力です。ただ、金利が少し高め(18%)なのが難点です。

<関連記事>:即日振込におすすめのキャッシングサービスは?


・銀行カードローン
銀行が提供する、個人向けのキャッシングサービスです。

「三井住友銀行カードローン」とか「バンクイック」(三菱UFJ銀行カードローン)なんかを、テレビCMで見た人も多いでしょう。


イメージが良いことと、金利が安い(15%弱)なのが魅力です。ただし、即日融資には対応していません。

また、学生には少し審査が厳しいのも難点です。

<関連記事>:【要注意!】銀行のキャッシングが即日不可になった!

(2)学生ローン

学生専用のキャッシングサービスです。

運営会社は中小企業であることが多いです。

サービスとしては消費者金融に違いですが、消費者金融よりも金利が少し低い(17%程度)なのは魅力です。


スマホサービスは充実しておらず、この辺は消費者金融に負けます。

また、即日融資はできますが、消費者金融より使い勝手が悪いです。

(3)クレジットカード

皆さん、おなじみのクレジットカードです。

買い物の後払い機能(ショッピング機能)なら皆さんご存知でしょうが、実はキャッシング機能もあります。


ショッピング機能と併用して使え、ポイントが溜まるのが魅力です。

ただ、即日のカード発行に対応してないのが難点です。


また、クレジットカードは発行されたけど、キャッシング審査に落ちるケースもあります。

この場合、ショッピング機能しか使えません。

3つのタイプを比較した

以上の3つのタイプを簡単に紹介しました。これを比較したのが、以下の表です。

カードローン 学生ローン クレジットカード
金利 15~18% 17% 18%
未成年の借り入れ 不可 一部可 一部可
即日融資 消費者金融なら可 可だけど難しい 不可
使い勝手 良い 良くない 良い
運営会社 銀行・大企業 中小企業 大企業

カードローンの金利が15%とありますが、これは銀行カードローンの金利で、消費者金融なら18%です。

未成年の借り入れも相談に乗ってくれるのは、一部の学生ローンかクレジットカードだけです(ただし、親の同意書は絶対)。


即日融資に対応しているのは、消費者金融と学生ローンだけです。

ただし、学生ローンの即日融資は条件が厳しい場合が多く、当日の借り入れに間に合わないリスクはあります。


また、カードローン・クレジットカードの運営母体は大企業や銀行が多いため、システム投資も多く、サービスの使い勝手が良いです。

一方、学生ローンは中小企業がほとんどで、スマホサービスには対応してないケースが多いです。



学生だけどキャッシングしたい!こんな時はどうする?

学生キャッシング,疑問

ここまで、学生のキャッシング方法や、条件・注意点を見てきました。

ここからは、学生がお金が必要になった時の、場面ごとの対策を紹介します。

キャッシング以外の手段がないか、考えてみる

まずは、キャッシング以外でお金を用意できる手段がないか、検討してみましょう。

親や親戚、友人から借りられない場合でも、他に手段はあります。


たとえば日雇いのバイトをすれば、それなりのお金が即金で手に入ります。

また、メルカリなどのスマホアプリで、身の回りの品を処分する方法もあります。

他にどうしても手段がない場合に、ようやくキャッシングを考えるべきです。

<関連サイト>:【元銀行員が教える!】お金がない時の乗り切り方は?

未成年なら学生ローンかクレジットカード

上でも説明しましたが、未成年でキャッシングしたいなら、学生ローンかクレジットカードでキャッシングの申し込みをしましょう

ただし、対応しているのは一部の会社だけなので、必ず事前に確認をして下さい。


また、親の同意書は必ず必要になるので、親御さんからキチンと了解を貰ってから申し込みをして下さい。

<関連サイト>:民法第5条第1項(未成年者の法律行為) – 民法条文解説.com

親にキャッシングがバレたくない

キャッシングしたいけど、親にはどうしても知られたくない、という学生もいるはずです。

そんな方は、学生ローン・消費者金融を利用するとよいでしょう。

学生ローンや消費者金融なら、ローンカードや契約書類を店舗や契約機で受け取れるため、自宅に郵便物が届きません。

少しでも低金利で借りたい

少しでも低金利でキャッシングしたいなら、銀行カードローンがオススメです。

上限でも金利15%ですし、何よりイメージが良いですよね。


ただし、銀行カードローンの審査はやや厳しいので、審査が落ちることも覚悟して下さい。

また、審査は最短でも2日かかります。今日中にお金が必要な方は避けた方がよいでょう。

<関連サイト>:元銀行員がおすすめの銀行カードローンを紹介します!

即日で借りたい

即日融資に対応しているのは、学生ローンと消費者金融です。

ただ、使い勝手も考えると、オススメなのは消費者金融です。

20時までにスマホで申し込みをして、近くの契約機で契約するなら、土日祝日でも即日キャッシングが可能です。

 即日キャッシングに強い消費者金融はコチラ



以上、学生のキャッシングの方法や注意点について、解説しました。

繰り返しになりますが、キャッシングはつまり「借金」です。


必要以上にお金を借りると、後で返済に苦しむことになります。

お金を借りるなら、必ず必要最低限の額だけになるよう、心がけて下さい。


この記事のまとめ

  • 学生のキャッシングの条件は、原則20歳以上で、安定収入(バイト収入)があること
  • 未成年(18歳・19歳)でもキャッシングが可能な会社はあるが、親の同意書が絶対に必要
  • 親に連絡はいかないが、親の連絡先は聞かれる(一部の銀行カードローンは連絡もいく)
  • 一部の学生ローン・クレジットカードなら、未成年でもキャッシング可能
  • 低金利で選ぶなら銀行カードローン、即日キャッシングを希望なら消費者金融


人気のカードローンは?