即日融資で収入証明書が不要な会社は?

キャッシングをしたことがある方は、収入証明書についてご存じの方が多いはずです。借入では収入証明書が必要な場合もありますが、急いで即日借入をしたい時は提出不要の会社で借りたいと思うかもしれません。

今回は、即日融資を受ける際に収入証明書が必要な場合を見ていきます。収入証明書が必要になる条件は、消費者金融と銀行で異なるので2つに分けて以下で説明します。


消費者金融で収入証明書が必要な場合は?

まず、消費者金融で収入証明書を求められるケースについて紹介します。

収入証明書が必要なケースとは



消費者金融で借入をする場合、一定の借入金額を超えると収入証明書の提出が求められます。これは貸金業法という法律の「総量規制」によって定められているため、全ての貸金業者がこの法律に従う必要があります。

以下のどちらかに当てはまる場合は、総量規制により収入証明書を提出しなくてはいけません


・貸金業者1社からの借入が50万円を超える場合

もしくは

・複数の貸金業者の合計が100万円を超える場合

収入証明書が必要ない会社はある?

もし上の条件に当てはまる場合でも「収入証明書の提出は必要ない」と主張する貸金業者があれば、その会社は間違いなくヤミ金業者です。

ヤミ金業者は法律(=貸金業法)に従う必要がないので、収入証明書が無くても取引が出来るでしょう。しかし、ヤミ金で借入をすると法外な金利を要求されたり、違法な取り立てをされるので絶対に利用しないで下さい。


以上、消費者金融で収入証明書が必要になるケースについて見てきました。では、銀行の場合はどのような時に収入証明書が必要になるのでしょうか?


銀行で収入証明書が必要な場合は?

銀行カードローンで収入証明書が求められるケースは、消費者金融とは異なるので確認しましょう。

収入証明書が必要なケースとは

収入証明書が必要になる条件は、各銀行で違います

銀行での取引は銀行法に従うため、貸金業法の総量規制は適用されません。そのため、各銀行で収入証明書の提出に関する条件を決めることが出来ます。

以上、銀行で収入証明書が必要になる場合について説明しました。では、収入証明書に関して他に気を付けたい点はあるのでしょうか?


その他、収入証明書についての注意点とは?



他に収入証明書や提出に関して事前に知っておきたいことについて見ていきます。

収入証明書を提出せずに即日キャッシングしたいなら?

(1)希望借入額が少ない場合
少額の借入をしたいのであれば消費者金融、多額の借入を希望するのであれば銀行を選びましょう。

先ほど説明したように、消費者金融は1社からの借入が50万円以下または数社からの借入合計額が100万円以下であれば収入証明書を出さずに済みます。


一方、銀行カードローンなら、収入証明書なしでもさらに多くの借入をすることが可能です。


(2)できるだけ当日中に借入したい
融資までのスピードを重視するのであれば、消費者金融を選ぶと良いでしょう。借入金額が一定額を超えると収入証明書を求められますが、消費者金融は審査スピードが早く、銀行よりも即日キャッシングが便利です。



(3)できるだけ収入証明書を提出したくない
収入証明書を提出したくなければ、銀行での借入をお勧めします。しかし、銀行は融資までに時間がかかるため、即日融資は難しい可能性があります。


以上をまとめると、以下のようになります。

・借入希望金額が少ない場合→消費者金融
・できるだけ当日中に借入したい→消費者金融
・出来るだけ収入証明書を提出したくない→銀行カードローン

 キャッシング即日に強い消費者金融の人気ランキング

 キャッシング即日融資に強い銀行カードローン、おすすめは?


収入証明書となる書類について

具体的には、源泉徴収票・確定申告書・所得証明書・給与明細書(直近2か月分程度)・住民税決定通知書が収入証明書として挙げられます。

これらのうち1つを用意し、店頭や自動契約機でコピーを提出したり、スマホで撮影したものをメールで送信・ホームページ内でアップロードするなどして提出します。

消費者金融・銀行の両方で借入する場合

先程、総量規制により収入証明書の提出義務は借入金額によって決まる、と説明しました。ですが、新たに銀行カードローンでキャッシングをしても、総量規制による収入証明書の提出義務は発生しません

例えば、消費者金融ですでに40万円の借入をしているとします。この時点では収入証明書は必要ありません。


ここで、さらにみずほ銀行で100万円を借りるとします。合計金額は140万円になりますが、収入証明書の提出は必要ありません。なぜなら、銀行で借入した100万円は総量規制の借入金額にカウントされないためです。

つまり、借入合計額が100万円を超えていないと見なされるため、消費者金融へ収入証明書を出す必要はありません。

以下は、消費者金融と銀行の借入で収入証明書が不要な場合を説明した図です。





また、消費者金融と銀行で借りた合計額が、銀行の収入証明書が必要になる金額を超えていても、銀行に収入証明書を提出する必要はありません。

借入額に関係なく提出を求められる場合

消費者金融や銀行では、借入額によって収入証明書が必要になることを説明しました。しかし、収入証明書が必要となる金額を超えていなくても、提出を求められることがあります

それは、金融機関が申込者の信用力に多少の不安があると感じた場合です。例えば、自営業の方などは会社員に較べて収入が安定しづらい印象があるため、借入額に関わらず収入証明書を求められることがあります。


以上、収入証明書の提出について見てきました。収入証明書がどのような場合に必要か知っておくと、いざという時に慌てることなくキャッシングを利用することが出来るはずです。


即日融資で収入証明書が不要な会社は? まとめ

  • 消費者金融では借入額が50万円または数社からの合計借入額が100万円を超えると収入証明書が必要になる
  • 一定の借入額を超えても収入証明書なしで借りられる貸金業者は、貸金業法に従わないヤミ金である
  • 銀行カードローンで借入する場合は、それぞれの銀行が定めた借入額を超えると収入証明書が必要になる
  • 収入証明書の提出を避けたい場合、希望借入額が少なければ消費者金融・多ければ銀行を選ぶ
  • 消費者金融の借入に加えて新たに銀行で借入する場合、消費者金融の借入額はカウントされない
  • 借入の金額に関わらず、金融機関から収入証明書の提出を求められることがある



即日融資で人気のカードローン