【元銀行員が解説】低金利でお金を借りる!おすすめの会社は?

お金を借りるにあたって特に気になるのは、利息の負担です。

「少しでも安く、低金利で借りたい!」と考える人は多いでしょう。


今回は、低金利カードローンの選び方と、おすすめの会社について解説します。

低金利でお金を借りたい!どうやって選ぶ?

低金利でお金を借りたい!どうやって選ぶ?

手軽にお金を借りる方法と言えば、「カードローン」ですよね。

ここでは、キャッシングの選び方のポイントを見ていきます。

借入先を選ぶ理由、第1位が「金利の低さ」

そもそも、借入先を決める時、どこを見て選ぶのが一般的なのでしょうか?

下の図は、キャッシング経験者が借入先の金融機関を選ぶ上で、最も重視したポイントについて、ランキング形式でまとめました。

金融機関を選ぶ上で最も重視したポイント
<出典>:銀行カードローンに関する消費者意識調査に関する報告‐全国銀行協会より作成


上のランキングからもわかる通り、「金利が低いこと」を最も重視した人が、全体の約1/4を占めています。

この割合は、他の回答と比べて断トツの多さです!

大手カードローンの金利、まとめてみた!

実際のところ、カードローンの金利はどれ位なのでしょうか?

カードローンは、貸主の業態によって、「消費者金融カードローン」と「銀行カードローン」の2つに分けられます。


以下の2つの表は、それぞれ大手カードローンの金利を比較したものです。


<消費者金融>

消費者金融カードローン 金利
プロミス 年4.5%~17.8%
SMBCモビット 年3.0%~18.0%
アコム 年3.0%~18.0%
アイフル 年3.0%~18.0%


<銀行カードローン>

銀行カードローン 金利
三菱UFJ銀行 バンクイック 年1.8%~14.6%
三井住友銀行カードローン 年4.0%~14.5%
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0%
オリックス銀行カードローン 年1.7%~17.8%

一般的な金利の相場は、消費者金融で5.0%~18.0%、銀行カードローンで3.0%~15.0%程度となっています。

金利重視なら銀行カードローンがおすすめ

カードローン金利は各社の審査によって決まるので、単純には比較できません。

とは言え、どの会社で申し込んでも、初めての利用なら、ほぼ上限金利かそれに近い金利が適用されます。


そのため少しでも低い金利で借りたい人には、上限金利が低めに設定されている、銀行カードローンがおすすめです。

カードローンを金利で比較するなら、上限金利を基準にすると良いでしょう


低金利のキャッシング、注意すべきポイントは?

低金利で借りられる銀行カードローンですが、いくつか注意すべき点があります。

1.銀行カードローンは即日キャッシングできない!

銀行カードローンは即日キャッシングできない!

現在、銀行カードローンでは、申込当日の借り入れはできません。

審査の回答が来るのは、最短でも翌営業日になります。


一方、消費者金融なら、条件をクリアしていれば即日融資を受ける事も可能です。

<関連記事>:【元銀行員が教える】即日キャッシングのおすすめランキング!

急ぎの借り入れ、特に即日を希望する人は、消費者金融を選ぶ必要がありますね

2.口座開設が必要になることも

多くの銀行カードローンは、その銀行の口座を持っていないと利用できません。

口座を持っていない場合、カードローンと同時に口座開設を申し込みます。


一般的に、同時申込での口座開設には1週間程度かかり、口座開設が完了してからカードローン審査が始まります。

なお一部ではありますが、口座開設なしで申し込みできる銀行カードローンもあります。


たとえば「三菱UFJ銀行 バンクイック」「三井住友銀行カードローン」は、口座なしでATMから借り入れ・返済が可能です。

3.金利が低い分、審査は厳しめ

金利が低い分、審査は厳しめ

上にも書きましたが、消費者金融と比べて、銀行カードローンの金利はやや低くなっています。

ただし金利が低い分、審査は厳しめである点に注意しましょう。

「消費者金融の審査に通ったのに、銀行カードローンでは落ちてしまった」という声もよく聞きます

4.限度額が大きくなるほど金利は下がる

先ほどの表でも見た通り、カードローンの金利には幅があります。

実際に借りる金利は、借入限度額(借入枠)の大きさによって決まります。


たとえば、バンクイックの場合、以下のとおりです。

借入限度額 金利
10万円以上100万円以下 年13.6%~14.6%
100万円超200万円以下 年10.6%~13.6%
200万円超300万円以下 年7.6%~10.6%
300万円超400万円以下 年6.1%~7.6%
400万円超500万円以下 年1.8%~6.1%

限度額が小さいほど金利は高く、限度額が大きいほど金利は低くなっている事が分かります。

初めての利用では、限度額100万円以下で、上限に近い金利になるのが一般的です。


ですが返済をきちんと続けていると、信用力が高まり、限度額の増枠が可能です。

限度額が大きくなれば、適用される金利帯も下がります。


なお増枠するには、あらためて審査に通る必要があります。

5.低金利でも借り過ぎ注意!

全銀協_カードライオン

「低金利カードローン」とは言っても、住宅ローンなど担保ありのローンと比べると、金利は高めです。

返済が思うように進まず、借入期間が長くなれば、利息の負担はどんどん重くなります。


また、借金を返すために更に借金を繰り返す、多重債務に陥るケースも後を絶ちません。

全国銀行協会では、借り過ぎ防止のための広報活動を展開しています。

<参考サイト>:カードローン 借りすぎに注意!!-全国銀行協会



カードローン審査で重要な要素の一つが、収入と借り入れのバランスです。

収入に対して借り入れの金額が大き過ぎると、審査に通りません。

<関連記事>:多重債務者でもカードローンで借り入れできる?

審査に通りやすくするためにも、借入額は必要最低限に抑えておきましょう


おすすめの低金利カードローンはコレだ!

最後に、おすすめの低金利カードローン2社を紹介します。

三菱UFJ銀行 バンクイック

三菱UFJ銀行,バンクイック

バンクイックは、金利が1.8%~14.6%と、大手銀行カードローンの中でも低い水準です。

銀行口座なしで申し込めるので、利便性にも優れています。


なおスマホから申し込んだ後、テレビ窓口で契約し、その場で書類・カードを受け取れます。

ただし運転免許証が必要になるので、契約時に忘れず持って行きましょう。

 はじめてバンクイック(三菱UFJ銀行カードローン)を利用する方

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行の口座を持っていなくても、申し込みが可能です。

口座なしの場合、契約機での契約になりますが、台数が多いので便利です(全国に700台超)。


三井住友銀行の口座を持っていれば、スマホ完結でも利用できます。

キャッシュカードをローンカードと兼用できるので、家族にカードを見られてバレる心配は要りません。

 三井住友銀行カードローンについて詳しくはこちら



ここで紹介した2社以外にも、低金利が魅力のカードローンはあります。

その他の低金利カードローンについて、詳しくは以下のページをご覧ください。

<外部の関連サイト>:【元銀行員が解説】低金利カードローンのおすすめランキング



以上、低金利でのキャッシングについて、カードローンの選び方とおすすめの会社を解説しました。

低金利で便利な銀行カードローンですが、借り過ぎには注意が必要です。


無理な借り入れにならないよう、カードローンは計画的に利用しましょう。

この記事のまとめ

  • 低金利で借りたいなら、銀行カードローンがおすすめ
  • 銀行カードローンでは即日融資は受けられない(消費者金融は即日可)
  • 多くの銀行カードローンでは、その銀行の口座が必要
  • 低金利な分、銀行カードローンは審査が厳しめ
  • 低金利カードローンは、「三菱UFJ銀行 バンクイック」「三井住友銀行カードローン」がおすすめ

人気のカードローンは?