【元銀行員が教えます】こんな即日キャッシングできる?

カードローンでお金を借りる人の中には、当日中のキャッシング=即日融資を希望される人も多いはずです。

ただ即日キャッシングにも一定の条件があり、条件を満たしていないと当日中の借り入れができません。

今回は、即日融資を希望される人のありがちな疑問に簡単にお答えします


家族にバレずに内緒で即日キャッシングは?



即日融資を希望するけど、できれば家族にバレずに借りたい人も多いはずです。ここでは、その方法を紹介します。

一番スムーズなのはネット完結

一番スムーズなのは、ネット完結で即日キャッシングする方法です。カードや書類の受け取りもないので、家族にばれる心配もまずありません。

ネット完結の即日キャッシングに対応しているのは、現在のところ、プロミスとモビットだけです。

この方法のデメリットは、条件がやや厳しいことです。プロミスもモビットも、特定の銀行口座を振替口座にする必要があります。また、平日14時には契約を完了している必要があり、申し込み時間も厳しめです。

自動契約機で受け取れば、自宅への郵送なし

もう一つの方法は、ネットで申し込みをして、カード・契約書類を自動契約機で受け取る方法です。

これなら郵便物が自宅に送られる心配もないし、プロミス・モビットだけでなく、アコム・アイフルなども対応しています。土日祝日でも対応しています。

デメリットは、わざわざ自動契約機まで行く必要があることです。そのため、近くに自動契約機のあるキャッシング会社を選ぶ方がよいでしょう。

延滞は絶対にしないこと

家族にキャッシングのことがばれないために、絶対に避けてほしいことがあります。それは支払が遅れること、つまり延滞です。

支払があまりに遅れると、カードローン会社から自宅に(督促の)郵便物が来ることがあります。こうした督促で家族にばれるリスクが高くなるので、支払はきちんと行いましょう。


土日祝日の即日キャッシングしたいなら?



土日祝日の即日キャッシングは、平日に較べて条件が少し厳しいです。詳しく見てきましょう。

ネット完結はハードルが高い

ネット完結は店舗に行かなくて済むため便利なサービスですが、土日祝日で対応している会社は多くありません。

プロミスとアコムくらいですが、振込口座に指定があるなど、条件も厳しめです。プロミスは三井住友銀行、アコムは楽天銀行を振替口座にする必要があります。

便利なのは自動契約機を使う方法

土日祝日の即日キャッシングで便利なのは、やはり自動契約機を使う方法です。

ネットで申し込みをして、審査通過後に自動契約機でカード・契約書類を受け取れば、その場でキャッシングできます。

どの会社でも21時頃まで営業しているので、よほど遅い時間でなければ当日中のキャッシングも可能です。

申し込み時間には要注意

もう一つ注意点を挙げるなら、申し込み時間があります。

特に自動契約機でのカード受け取りの場合、自動契約機までの移動時間も考える必要があります。ですので、どの会社でも19~20時までの申し込みをおススメしています。


来店不要で即日キャッシングできる?



来店不要で、つまりネット完結で即日融資を受けることは可能でしょうか?結論から言えば可能ですが、注意しておくべき点があります。

ネット完結には2種類ある

一口にネット完結といっても、実は2タイプあります

一つは、完全にネットで取引を完結でき、カードや契約書類の受け取りも必要なくキャッシングできるタイプです。この完全ネット完結に対応しているのは、プロミスやモビットなどです。


一方、アコムやアイフルでも来店不要で即日キャッシングはできます。ただし、カードと契約書類が1週間後に自宅に送付されてきます。

郵便物に社名は記載されていませんが、家族にカードローンのことを知られたくない人は、少し厳しいかもしれませんね。

平日に向いてる

ネット完結のキャッシングは平日のみの対応の場合が多いです。先ほども紹介しましたが、土日祝日だと条件が厳しくなるためです。

ですので、ネット完結の即日キャッシングは平日に対応したサービスと言えるでしょう。


電話連絡なしでも即日キャッシングは可能?



即日キャッシングをしたいけど、職場への電話連絡をしてく欲しくないという人もいるはずです。結論から言えば可能ですが、それなりの条件があります。

モビットの「Web完結申込」なら可能

方法の一つ目は、モビットの「Web完結申込」を使うことです。これなら、勤務先への電話連絡をなしにできます。ただし、即日キャッシングのためには一定の条件があります。

・平日14時までに申し込むこと
・三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行を振替口座に指定すること
・社会保険証か組合保険証を持っていること


つまり、土日祝日は対応してないので注意が必要です。

収入証明書を追加で提出すればOKの場合も

一部の消費者金融だけですが、追加で収入証明書を提出すれば、勤務先への電話連絡を免除してくれる場合があります。

ただし、あくまで担当者の判断でして、絶対ではありません。とはいえ、どうしても勤務先への電話が嫌だ、という方はお願いしている価値はあります。

なお、これに対応しているのは消費者金融カードローンだけで、銀行カードローンは対応していません。


職業別、即日キャッシングの対応状況



ここでは、職業別に即日融資が可能なのかを簡単に紹介します。

個人事業主の場合

個人事業主でも即日キャッシングは可能です。ただし、サラリーマン・OLなどと較べて審査はやや厳しめです。

というのも、個人事業主は普通のサラリーマンに較べて収入が不安定な場合が多いからです。ですので、希望通りの金額が借りられない可能性はありますが、キャッシング自体は可能です。


個人事業主に関して、もう一点注意点があります。それは、借りたお金を自分の事業に注ぎ込めない点です。

カードローンの使い道は基本的に制限されていませんが、例外もあって、事業資金として使うことは禁じられています。

ですので、キャッシングする場合は生活資金として借りるとよいでしょう。

派遣社員の場合

派遣社員も即日融資は可能です。

派遣社員の注意点として、勤務先への在籍確認が挙げられます。派遣社員の在籍確認の連絡は、派遣先の会社ではなく、派遣元の会社に行われます

ところが一部の派遣会社は、個人情報保護を盾に在籍確認を拒否するケースがあるようです。


これを防ぐ対策として、派遣元会社のスタッフに「クレジットカードなどの審査で電話が来るかもしれないので、よろしく頼む」など、伝えておくとよいでしょう。

こうした対応も難しい場合は、カードローン会社の担当者に相談してみてください。

パート・バイトの場合

パート・アルバイトでも、週3日以上の勤務であれば即日融資は可能です。一方で、週1のバイトや単発バイトの場合は審査に通りません。

パート・バイトのネックも、やはり勤務先への在籍確認です。

職場の雰囲気によっては電話をしてもらいたくないかもしれませんが、在籍確認が終わらないことには審査も終了しません。

自分で電話に出るか、仲の良いスタッフにお願いするなどして下さい。


以上、即日キャッシングでありがちな疑問に簡単にお答えしました。

詳しくは下記で、より細かく解説してますので、気になった方は各記事をチェックしてみてください。

こんな即日キャッシングできる? の記事一覧


即日融資で大事なのは、事前準備

上の説明でも見てきた通り、即日キャッシングをするには一定の条件があります。

申し込み時間によっては即日融資を受けられない場合もありますし、取引銀行によってはネット完結取引ができない場合もあります。

上の記事も参考に、事前に調べておくと焦らずに申し込みできます。是非参考にして下さい。

 キャッシング即日に強いカードローン、おすすめランキング